FC2ブログ

京都五山送り火

五山送り火8月16日。快晴。今夜はは京の夏の風物詩「五山送り火」。

盂蘭盆で迎えた先祖の精霊をあの世に送る仏教行事。

振りかえると、昨年は放射能薪でいろいろと物議をかもした京都五山送り火であった。


今出川新町の4階建てビルの屋上から、デジタル一眼レフカメラに50-500mmの超望遠レンズを装着し撮影することに。

日が沈み薄暮が訪れる7時過ぎ、三脚を設置し撮影準備に入る。7時半を過ぎると薄闇に包まれ、街の灯が目立つ。

西側を除いて視界が広がり、東山連峰、北山連峰が一望のもとに。右大文字(如意ヶ岳)、妙法(松ヶ崎山)、船形(西賀茂)、左大文字(金閣寺裏山)をショットするには絶好のロケーションだ。残念ながら、鳥居形だけはここから見えない。

この時間帯、街の灯りは自主規制。


8時きっかり、口火を切って「右大文字」に着火。10分も立たずに紅蓮の炎の点が連なり、「大」の字が暗闇に浮き上がる。

南風で煙が北へ流れ、撮影条件は最高だ。上空には星がまばたき、大気の状態もすこぶるよい。

右大文字に遅れること10分、次々に妙法、船形、左大文字が点火。8時半過ぎにクライマックスを迎える。


送り火に彩りを添えるかのように南方の彼方で打ち上げ花火が上げられ、音もせず小さな輪が開く。15キロは離れていようか。いったいどこで打ち上げているものやら。




▼撮影器材。NikonD7000にSIGMA APO50-500mm超望遠ズームレンズを装着し、先ずは右大文字に照準。

P1010001_convert_20120817000735.jpg (クリックすっと、画像が拡大)



▼京都タワー遠望。500mmズーム撮影。右上の赤い点はビルの衝突防止灯。

DSC_6801_convert_20120816225534.jpg 



▼はるか彼方に生駒山頂遊園地の灯(中央上)。500mmズーム撮影。

DSC_6802_convert_20120816225607.jpg



▼遠くで上がる打ち上げ花火。500mmズーム撮影。

DSC_6852_convert_20120816231323.jpg


▼これはでかい!。強い光で白トビ(汗)。花火の煙が東へたなびく。

DSC_6856_convert_20120817081229.jpg



▼8:00、五山の口火を切って「右大文字」(如意ヶ岳)点火。

DSC_6805_convert_20120816225948.jpg



▼暗黒に赤く浮かぶ右大文字。

DSC_6809_convert_20120816230042.jpg



▼燃え盛る「右大文字」のアップ。500mmズーム撮影。人の姿もバッチリ。

DSC_6818_convert_20120816230201.jpg



▼紅蓮の火焔と煙が迫力満点。赤い炎に梢が照らされる。

DSC_6817_convert_20120817004148.jpg



▼8:10、松ヶ崎山の「妙法」点火。

DSC_6832_convert_20120816230630.jpg



▼「妙」の500mmズーム撮影。火床の周囲に人の姿もくっきり。

DSC_6826_convert_20120816230717.jpg



▼おしとやかな「法」。

DSC_6827_convert_20120816230801.jpg



▼西賀茂の「船形」点火。撮影地点から最も遠い。下端が森に遮られている。

DSC_6839_convert_20120817082338.jpg



▼西方浄土へ向かう船形のアップ。帆柱の頂端がひときわ明るく燃え盛る。

DSC_6846_convert_20120816230841.jpg



▼左大文字。惜しくも二画の下端がビル蔭に(涙)。

DSC_6845_convert_20120816230931.jpg



▼右大文字の鎮火。

DSC_6847_convert_20120816230957.jpg



▼比叡山のシルエット。東山連峰の稜線を浮かび上がらせる大津市の街灯り。11mm広角レンズ、f2.8、30秒露出。肉眼ではこんなに見えない。レンズだけが捉えられる夜の世界。

DSC_6865_convert_20120816231527.jpg


1時間ほどで送り火も消え、周囲の山々を暗黒と静寂が包む。

ご精霊様は無事帰りつけたであろうか…。ナムアミダブツ。

京都の夏の行事は、「五山送り火」で幕を閉じる。





スポンサーサイト



テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

琵琶湖花火大会Part2

前回の琵琶湖花火大会のブログアップ写真が意外にも好評(ウハウハ)。

リクエストに応え、未公表ショットをアップすることに。

エエィ、在庫一掃大サービス!(笑)。

今回のアップ写真で、打ち上げられた花火1万発の片鱗をうかがえるかも。

これぞ「真夏の夜」の一大ページェント!

花火師が腕によりをかけた、いずれ劣らぬ炎の芸術作品。 

打ち上げ花火を上から見下ろしたショットはそうざらには…。実際は、こんな形に見えますよ。



今夏の花火大会をご覧になれなかった方々、たっぷり堪能してくだはい。


▼ド派手に開花。明る過ぎて白トビ(汗)。打ち上げ台船がくっきり。

DSC_6615_convert_20120810224246.jpg (クリックすっと、画像が拡大)



▼これは壮大。ウウッ、フレームに収まり切らん。

DSC_6616_convert_20120810224338.jpg



▼白い花火はどんな植物を表現したものか。

DSC_6623_convert_20120810224423.jpg



▼水面を緑色に染め。

DSC_6624_convert_20120810224551.jpg



▼150m上空でシンクロ開花。シャッター切るタイミングが早すぎたか(アチャ)。

DSC_6626_convert_20120810224653.jpg



▼3段に開花。

DSC_6628_convert_20120810224738.jpg



▼これも明る過ぎて白トビ。

DSC_6630_convert_20120810225056.jpg



▼緑の笹の葉。

DSC_6636_convert_20120810225136.jpg



▼シンクロ開花。

DSC_6642_convert_20120810225212.jpg



▼右は変わり種。

DSC_6643_convert_20120810225307.jpg



▼これまた壮観。

DSC_6650_convert_20120810225351.jpg



▼湖上に咲いた可憐なガーベラの花?。煙が邪魔だ。

DSC_6680_convert_20120810225438.jpg



▼取り合わせが妙。右は霧氷でもイメージしたか?

DSC_6684_convert_20120810225912.jpg



▼これも変わっとる。

DSC_6686_convert_20120810225951.jpg



▼ウワッ―。煙が邪魔だ。

DSC_6691_convert_20120810230035.jpg



▼紫と赤の配色が素晴らしい。

DSC_6692_convert_20120808230846.jpg



▼オレンジと薄緑の色合いに感嘆。

DSC_6710_convert_20120810230126.jpg



▼花火の煙が…。

DSC_6734_convert_20120810230217.jpg



▼なんじゃ、これ。

DSC_6740_convert_20120810230311.jpg



▼台船に火焔が。

DSC_6752_convert_20120810231148.jpg


▼ハートの形が。

DSC_6743蛻・栢縺浩convert_20120810231536



▼笹の葉?

DSC_6754_convert_20120810231318.jpg



▼シンクロ花輪。

DSC_6763_convert_20120810231407.jpg



▼これまた派手に!。

DSC_6787_convert_20120810231502.jpg


打ち上げ花火の美と技を競う国際大会やったら、日本の花火師が間違いなく金メダルじゃわい(笑)。

それにしても、花火って華々しくも、はかないもの。それがまた美を駆り立てるのかも。

その刹那を切り取るのは、あくまでもカメラ。目で見る花火とはまた違ったイメージを提供。



テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

2012年琵琶湖花火大会

8月8日。抜けるような青空がひろがる。

恒例の琵琶湖花火大会を比叡山山頂(四明岳:標高836m)から激写。 湖水面からの比高は700mはある。これぞ高みの見物(笑)。

4時過ぎには八瀬からケーブルカー、ロープウエイを乗り継いで山頂展望台に。山麓の気温が30℃を超すのに、ここは24℃の別天地。

当初、比叡山ドライブウエイの夢見ヶ丘展望台からの撮影を予定していたが、帰りの道路混雑を考え、見物人が少なく、帰りの足の便もよい比叡山山頂に急遽変更。

今年は35万人の人出が予想されている。用意される打ち上げ花火は1万発。今年のテーマは滋賀県の四季の花々らしい。

日が落ちるにつれ、北風が肌寒い。長袖のシャツを着て来るべきだった(失敗)。


打ち上げ場所から5~6キロ離れているが、山頂展望台からの眺望は素晴らしい。南湖、大津・宇治市街はもとより彼方に鈴鹿山脈、生駒山も視野に。

ここより高い場所は南湖の周囲に見当たらない。

しかも花火が開くのを見降ろすかたちになる。下から見上げる花火と違って、どんなに見えるか…。

6時頃からポイントを選び、三脚を設定し撮影準備に入る。

大津市街の灯りがバックに入り花火を相殺するのが難点だが、いたしかたない。

陽が落ちると、街の灯りが星のようにまばたきを見せる。大気の揺らぎだ。


7時半きっかりにプロローグを告げる花火が控えめに数発炸裂。

花火が開いてから数秒経てドドーンという雷鳴のような炸裂音が聞こえてくる。

270mmの望遠レンズを装着しているため、距離感はさほど気にならない。

あとは花火の一大ページェントをお愉しみあれ。



▼比叡山山頂(四明岳)から大津市街地を望む(18~270mmズームの広角側で撮影)。眼下に南湖がひろがる。

DSC_6573_convert_20120808225614.jpg (クリックすっと、画像が拡大)



▼夕闇の帳が降り、街に灯がともり始める。右端に浜大津港。

DSC_6589_convert_20120808225702.jpg



▼プロローグの3号玉が湖上120mに上がる。2隻の台船の位置を確認し、フレーミングを決める。

DSC_6598_convert_20120809002617.jpg



▼オープニング。2隻の台船から打ち上げられる10号玉花火の競演。

DSC_6614_convert_20120808225801.jpg



▼次々に炸裂する花火。圧巻。周囲から歓声が。

DSC_6617_convert_20120808225842.jpg



▼空中にポッカリ咲いた二輪の花。

DSC_6640_convert_20120808225934.jpg



▼左は見慣れない形だ。

DSC_6644_convert_20120808230032.jpg



▼湖面が紅に映える。

DSC_6656_convert_20120808230651.jpg



▼大輪の花。

DSC_6659_convert_20120808230558.jpg



▼緑の発色が涼やか。まるで樟玉。

DSC_6675_convert_20120808230731.jpg



▼湖東の紅葉をあしらったものか。これは傑作だ。

DSC_6679_convert_20120808230803.jpg



▼あまりにも高く上がり、フレームをはみ出してもた(汗)。

DSC_6692_convert_20120808230846.jpg



▼黄色い3つの花輪。

DSC_6695_convert_20120808230919.jpg



▼乱れ咲き。

DSC_6697_convert_20120808231445.jpg



▼可憐な2輪の花。

DSC_6707_convert_20120808231518.jpg



▼高々と打ち上げられた10号玉のアヴェック開花。素晴らしいの一語に尽きる。

DSC_6711_convert_20120808231600.jpg



▼打ち上げの光跡もくっきり。

DSC_6748_convert_20120808231640.jpg



▼レリーズを外して撮影。カメラのブレが思わぬ効果を(汗)。怪我の功名(苦笑)。

DSC_6775_convert_20120808231721.jpg


8:15頃、帰りのケーブルカー最終便が気になり、フィナーレを待たずに撮影器材を撤収。

ブログ訪問者の皆さま、花火を上から見ると、こんな形に。

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

クマゼミ飛来

8月8日。快晴。今日も気温がウナギ登りに上がりそう。

昨日のブログで、草庵の周囲にクマゼミの鳴き声が聞こえないと書いた途端、そのクマゼミのかしましい鳴き声で目が覚めることに。

ひょっとして、クマゼミの耳に届いたんかいな??!!。噂してると、その当人が姿を現わすことがあるが…。


裏庭のナツグミの生い茂った葉の間に目を凝らすとクマゼミが一匹。

梢にしがみついて、尻を震わせながらミンミンミン。その鳴き声につられて、隣家の木からも数匹のクマゼミによる一大合唱。


わが庵にも欠かせない夏の風物誌に、ただただ安堵。



▼ナツグミの木の葉陰にクマゼミ。

DSC_6548_convert_20120808090147.jpg



▼止まっている梢の下まで接近しショット。

DSC_6553_convert_20120808090233.jpg

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

立秋

8月7日(火)。 今日は立秋だ。暦(こよみ)のうえでは、今日から秋に入る節目だ。

時候の挨拶も、「暑中見舞い」から「残暑見舞い」に変わる。

それにしても立秋とは名ばかり、連日36℃の猛暑がつづく。ニュースでは過去最高の熱中症患者発生を伝える。

もう、うんざり。


あと1週間もすればお盆(盂蘭盆)だ。お盆の期間だけ、家々にご先祖の精霊を迎え、丁重に送り返す。


昨日乗り合わせたタクシーの運転手から耳にした小噺(こばなし)を一つ。

東京から京都の五山送り火を見物にやってきた客がタクシーに乗り込むや、「大文字焼きはどこ?」と訊ねたそうな。

運転手はすかさず「それはどんな饅頭でっしゃろ?」。京都の銘菓の名を問われたものとばかり。

客は呆気にとられ沈黙…。

やがて、運転手は時節柄「大文字送り火」のことを問われたと察知。

この話を聞いて抱腹絶倒。

たしかに「○●焼き」という言葉は、大判焼き、タイ焼き、たこ焼などなど、食い物を指すのが京都では一般的だ。

この客、奈良の若草山の「山焼き」と「送り火」をいっしょくたくに言葉が口をついて出たのかも…。

いやぁ、日本語の会話は実に難しい(笑)。


▼盂蘭盆の送り火の準備が進む大文字山。

DSC_6370_convert_20110724175645.jpg


お盆過ぎたら、気持ちだけでも秋の気配が感じられるようになるのだろうか。

昔は、お盆が過ぎると赤トンボが飛び交い、季節の移ろいを視覚で感じさせたものだが…。

その赤トンボも、ここ数年、目にしなくなった(グシュン)。

今年は、草庵の周りでクマゼミの鳴き声をとんと耳にしない。例年なら、アブラゼミの暑苦しい鳴き声がピークを迎える頃なのに。

季語代わりに梢に止まったセミの写真を狙うも、肝心のセミが見当たらん。




テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

プロフィール

洛倭亭庵主

Author:洛倭亭庵主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード