FC2ブログ

冬の日本海と出雲大社

12月25・26日と大国主命に召されて、因縁浅からぬ出雲の地へ。

強烈な寒波の襲来の中、この神さんは召すのに時を選ばん(トホホ)。

わが守護神なれば、神命に違うことは許されず。ただただご神意のままに。

滞在中、日本海から雪雲の波状攻撃。青空が覗いたと思いきや、一転雪雲に覆われ、雪に霙に果ては霰まで。

北風が容赦なく吹きつける海岸近くの砂丘で1時間も調査していると、手袋をはめた指先はもとより身体の芯まで凍てついてきた。

ウウッ、こりゃ堪まらん。ブルブル、歯茎が噛み合わなくなってきよった。

島根半島の海岸にある黄泉の国の入口も近いことだし、「黄泉の比良坂」を越えることだけは何としてでも避けねば(汗)。


26日は午前中で調査が終了、帰りの便の搭乗時間までたっぷり時間があり、わが守護神大国主命が鎮座する出雲大社に参詣しご機嫌を結ぶことに。

平成大遷宮のため長いこと社殿に掛けられていた覆い屋も取り払われ、40数年ぶりに参詣するも、付帯工事で大社造りの社殿を正面から拝めず(クシュン)。

新年の飾り付けが進む境内は観光客もまばら。

御仮殿で賽銭を上げ、来年の無病息災とご加護を神妙に祈願。

ついでにお御籤を引くと、「第七番」と出た。シメシメ、ラッキーセブンではないか。

ここの籤には吉凶の字はない。

なになに、運勢は「本年は好運の年で、求職、縁談、家屋の新築・移転、開業すべてよい。皆、後日に好結果に結ばれる。」

オオッー、万事いいことずくめじゃわい。 待てよ、「本年」ということは残り5日間のみ、ガァーン!!。

そりゃ、ないぜよ、出雲の神さん!

有効期間をせめて1年間にして欲しいな(シュン)。

縁結びは、もういいっか(笑)。これ以上「縁」が増えると、サプリが増えそうだし…(汗)。



▼夜明けの日本海。冬の海と水平線上の朝焼け雲。

DSC_8844_convert_20121227232447.jpg (クリックすっと、画像が拡大)



▼日御崎(左端)と大社湾に次々と押し寄せる大波。中央の海岸近くに出雲大社がある。この岬の裏側に黄泉の入り口「猪目洞窟」がある。

DSC_8855_convert_20121227113436.jpg



▼出雲大社参道のクロマツの並木。長寿のシンボルであるマツは神社に欠かせない。

DSC_8909_convert_20121227113537.jpg



▼松並木を抜けると御仮殿が。

DSC_8906_convert_20121227113646.jpg



▼どっしりした御仮殿。本殿はこの背後にある。

DSC_8898_convert_20121228002027.jpg



▼御仮殿の巨大な注連縄。

DSC_8887_convert_20121227113754.jpg



▼吹雪の中、神妙に願掛け。効果はどうかな??。

DSC_8897_convert_20121227114256.jpg



▼神紋をあしらった鬼瓦と切妻飾り(御仮殿)。

DSC_8892_convert_20121227114346.jpg



▼本殿の屋根にかかる千木と鰹魚木を遠望。

DSC_8900_convert_20121227114429.jpg



▼縁結びのデザインをあしらったカワユーイ絵馬。

DSC_8882_convert_20121227114511.jpg



▼御守所。この奥に本殿の屋根が見える。右手の門の屋根は葺き替え中。背後のこんもりとした山が怪しい。

DSC_8879_convert_20121228002555.jpg




▼八百万の神を祀る摂社。右手の杉の幹と下枝にはお御籤がびっしり。

DSC_8878_convert_20121227114553.jpg



▼瀟洒な一畑電鉄大社前駅のステンドガラス。色ガラスを通じた淡い光が壁に映る。

DSC_8923_convert_20121227230836.jpg



小田温泉の大女将、今回は故あって挨拶に寄れずスンマヘン。年をあらため参上しますよって。

スポンサーサイト



テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

X'masミニコンサート

12月22日(土)。久しぶりに寒さがゆるみ、風もない。
 
夕方、スナック「かざ花」(今出川通大宮)のミオちゃんが演奏するクリスマス・ミニコンサートに脚を運ぶ。

堀川三条通りの商店街の真ん中ほどにある小さなギャラリーが会場だ。京都に住んで長いが、この辺りに来るのは初めてだ(灯台もと暗し)。


初めて訪れるギャラリーで、壁にファンタスティックなカワユーイ絵が所狭しと掛けられている。

コンサートは6時にスタートし、1時間の予定。15名ほどの来席者には子供連れが多い。

楽器はピアノ、フルート、チェロ。あとでギター奏者が加わる。いずれも演奏巧者だ。

クリスマスに因んで、演奏曲も「世界の旅」テーマソング、アベマリア、ホワイトクリスマスなど馴染みの曲。

音楽は演者と聴衆が一体化させる不思議な魔力をもつ。たっぷり1時間、耳と目の保養をさせてもらっちゃった。

素敵な音楽のクリスマス・プレゼントをありがとう。

ミオちゃん、皆さん、お疲れ様どした。



▼会場の小さなギャラリー外観。

DSC_1230_convert_20121223140517.jpg (クリックすっと、画像が拡大)




▼ショーウインドウ。かわいいグッズや絵葉書が。

DSC_1229_convert_20121223140622.jpg



▼壁にかけられたカワユーイ絵。中学生が描いたものか。

DSC_1223_convert_20121223143620.jpg



▼いよいよ演奏開始。大胆なコスチューム。

DSC_1208_convert_20121223140707.jpg



▼楽譜をめくって。白い肌が白トビに。これぞ露出オーバー(アハ)。

DSC_1195_convert_20121223144412.jpg



▼チェロとフルート演奏。

DSC_1203_convert_20121223140828.jpg



▼真剣な眼差しでピアノを弾くミオちゃん。

DSC_1191_convert_20121223141127.jpg



▼演奏もたけなわ。

DSC_1189_convert_20121223140747.jpg



▼ギター奏者も加わって盛り上がる。

DSC_1218_convert_20121223140908.jpg



▼ひっそり暗闇に浮かぶ二条城大手門。ストロボが使えず、ISO感度を思い切って6400にアップし手持ち撮影。D800Eならではの性能。

DSC_1237_convert_20121223142120.jpg


テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

初冬の鴨川

12月11日。昨日に続き冷え込みが厳しく、最高気温8℃。

優雅なユリカモメの飛翔姿を求めて賀茂川へ。

いつもユリカモメの群れが見える賀茂大橋付近に出向くも、影も形も…。

いつもより水位が下がり川床が露出。これじゃ、ユリカモメも敬遠か。

ヌートリアのポイントに移動するも、姿が見えず。さては寒さで巣穴に引き込んで暖をとってるのか…。

水面に浮かぶはカモのみ。

しばらく待つと、群れからはぐれたユリカモメが1羽飛来。ここは連写また連写。

カメラ持つ手がかじかみ、たまらず近くの喫茶店に飛び込み暖をとる羽目に。



▼賀茂川・高野川」合流地点。水位が下がり、お目当てのユリカモメの姿はいずこや??。

DSC_1097_convert_20121211230718.jpg (クリックすっと画像が拡大)



▼うっすら雪化粧の比叡山四明岳。300mmズーム。

DSC_1099_convert_20121211230805.jpg



▼出町橋上流のヌートリアポイント。

DSC_1103_convert_20121211230841.jpg



▼マガモの頭毛が凍結。

DSC_1111_convert_20121211230930.jpg



▼首をすくめ見るからに寒そう。

DSC_1105_convert_20121211235025.jpg



▼せわしく餌を探すセキレイ。

DSC_1124_convert_20121211231013.jpg



▼居眠り中のカモ。

DSC_1134_convert_20121211231122.jpg



▼毛づくろい。

DSC_1132_convert_20121211231048.jpg



▼ユリカモメの優雅な飛翔。

DSC_1135_convert_20121211231146.jpg



▼ユリカモメ飛翔。

DSC_1136_convert_20121211231217.jpg



テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

紅葉も見納め

12月9日(日)。北風が強く、屋外は6℃前後の体感気温。

午後2時過ぎ、最近購入したNikon AF18-300mm f3.5-5.6 VR 広角ズームレンズの性能・特性把握と紅葉の見納めに近くの「糺の森」へ。

御蔭通りに面した下鴨社参道入り口に着くと、大安吉日ともあいまってか参詣者・行楽客でいっぱいだ。

最後の紅葉をねらって、プロ・アマチュアカメラマンの姿も散見。


1週間前に訪れたときは見頃にはやや早かったが、今日は紅葉がいっそう進んでいた。

糺の森の紅葉は、黄葉の楓が主流で深紅の紅葉を見せる木は意外と少ない印象だ。

参道脇にある樹齢数百年と見積もられる楓の木は圧巻だ。



森の中でひときわ鮮やかな黄葉・紅葉を物色し、慎重に太陽光線の具合を見はからってショット。

強い北風に煽られて、ケヤキやカエデの枝が大きく揺らぎ、落葉が宙を舞う。これぞ「落葉吹雪」。

コートの下に厚いセーターを着ていても、風で体温が徐々に奪われていく。

太陽の光線が蔭を長くする3時半を回ると、気温が急激に低下。体感気温が2~3℃になり、堪らず撮影を切り上げる。



▼流鏑馬がおこなわれる下鴨神社の馬場。着物姿の参詣者がスナップ写真を撮っている。

DSC_0950_convert_20121209172816.jpg (クリックすっと、画像が拡大)



▼紅葉と着物の取り合わせも日本的でいい。

DSC_0951_convert_20121209183408.jpg



▼朱の鳥居を背景にした河合神社前の紅葉。

DSC_0946_convert_20121209183328.jpg



▼木漏れ日に映える紅葉を並んで撮影するシンクロギャル。河合神社前。

DSC_1054_convert_20121209175145.jpg



▼陽射しに一段と赤みを帯びる紅葉。河合神社前。

DSC_0958_convert_20121209172942.jpg



▼三色紅葉の梢。f5まで絞っても、丸い光点の出具合はまずまず。

DSC_0964_convert_20121209173027.jpg



▼参詣者でにぎわう参道。

DSC_0975_convert_20121209173113.jpg



▼花嫁の後ろ姿。高価な鼈甲製簪が黒髪に映える。

DSC_0992_convert_20121211130829.jpg



▼瀬見の小川の黄葉。

DSC_0979_convert_20121209173529.jpg



▼こっちは未だ青い葉だ。

DSC_0980_convert_20121209173619.jpg



▼陽射しを浴びて輝く紅葉。

DSC_1007_convert_20121209173848.jpg



▼撮影にいそしむ行楽客。木枯らしが葉を散らす。

DSC_1033_convert_20121209174537.jpg



▼樹幹をバックにした黄葉。風に揺らぎバックの光点が形を変える。

DSC_1031_convert_20121209174449.jpg



▼同じ木ながらも梢によって異なる黄葉と深紅の葉。

DSC_1030_convert_20121209174344.jpg



▼夕陽の影が長く伸びる馬場の紅葉。

DSC_1045_convert_20121209174644.jpg



▼瀬見の小川の落葉の吹きだまり。

DSC_1067_convert_20121209175226.jpg



▼逆光に浮かぶ紅葉。

DSC_1052_convert_20121209175052.jpg



▼すっかり落葉した高野川縁の桜並木。右手に比叡山。御蔭橋上から。

DSC_1087_convert_20121209175958.jpg



▼シラサギが目の前を飛翔。松ヶ崎の山もすっかり紅葉。

DSC_1089_convert_20121209180609.jpg



▼シラサギが頭上を通過するのをショット。かろうじて画面の隅にキャッチ(汗)。

DSC_1094_convert_20121209180040.jpg


今年の紅葉狩りも糺の森を最後におおかた幕を閉じることに。

京都では10年に一度見れるかどうかの見事な紅葉が見れた。まさに紅葉の当たり年。

これも10月下旬以降、気温が徐々に低下し、暑さのぶり返しもなく適当な降雨に恵まれたせいであろう。

来年の紅葉、果たして今年のような発色を見せてくれることやら…。


18-300mmレンズ、風が強く被写体ブレを抑えるためISO1600~3200に上げ、絞り優先モードのf4.5~8で撮影。

広角側では四隅がケラレ、ファインダー内の撮像範囲がせばまりピントが合わせにくいという欠点をもつが、ズーム側では問題ない。

手ぶれ防止機能(VR)も正常に作動し、三脚を使わなくとも結構使える。

旅行には、これ1本でカバーできるのは便利。

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

円亭25周年の集い

12月8日。今日は馴染みの「円亭」開店25周年。

わざとぶつけたわけではなさそうだが、奇しくも日本海軍による真珠湾奇襲日と重なる。


25年も店をやってると、魚好きの常連の客が居つく。いわばニャンコ党のアジロだ(笑)。

円亭ゆかりの常連が年に一度集まり、店の1年1年の存続と常連同士の旧交を温める。また忘年会を兼ねる。

「円亭」は「縁亭」にも通じ、ここで新たな縁が生まれるのも珍しくない。

海の幸の料理、持ち寄りの名酒それに旧知の朋友が集まれば、あとは話に花が咲くのは必定。


例年顔を出す娘たちの姿がなかったのが、心なしか寂しい。

そのため平均年齢が急上昇(涙)。

来年に期待することにしよう。



▼「西陣 円亭」外灯。

DSC_6163_convert_20110716123937.jpg(クリックすっと、画像が拡大)



▼円亭店構。

DSC_円亭_convert_20110716123853



▼25周年の催しを告げる案内。短冊に「詩一篇 膳にのせたる 海の幸」、いい句だ。

DSC_8791_convert_20121209095344.jpg



▼膳を埋め尽くす料理の数々。箸を付ける前に舌鼓。

DSC_8769_convert_20121209095458.jpg



▼宴たけなわ。話に花が咲く。

DSC_8772_convert_20121209095717.jpg



▼目の前に巨大なお頭が。幻の魚クエだ!!。

DSC_8785_convert_20121209095601.jpg



▼参会者の集合写真でお開き。

DSC_8796_convert_20121209095641.jpg

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

ノラ?出没

12月8日。昨日から冷え込みが厳しい。天気予報とは違って、ときおり時雨づく。

厠に出ると、愛用の椅子の上に見慣れぬ物体が!!。

最近とんと寄りつかなかったノラじゃわい。手足を引っこめ、椅子の上にうずくまって寒さに耐えとる。

ノラにしては、頸筋の肉がダブついとる。餌に事欠かないんか。

庵主を見ても逃げないんで飼いネコかも…。

よく見ると、片方の耳の先が食いちぎられとる。激しい縄張り争いでもしたもんか。



▼寒さにジィーッと耐えるノラ。

DSC_0934_convert_20121208115918.jpg (クリックすっと、画像が拡大)



▼カメラとにらめっこ。

DSC_0928_convert_20121208120013.jpg



▼顔のドアップ。目の奥に警戒心が漂う。

DSC_0930_convert_20121208120056.jpg



こんな寒空の中、「窮鳥懐に入らば…」の喩えに準じて、せめて愛用の椅子を使わせてやることに。

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

下鴨神社の紅葉

12月2日(日)。早くも師走。何かとせわしい月に。

薄曇りで最高気温が9℃まで下がる。風がないのがましだ。


京都市内でも紅葉が遅い糺の森、下鴨神社境内で弟子と紅葉狩り。

糺の森は京都盆地の原生林の名残りをとどめ、世界遺産にも指定された。ケヤキ、クヌギ、カシの大木が鬱蒼と茂り、そのためか気温が低く、紅葉が遅れる。

ここ10日間図書館に缶詰となり紅葉を見逃した教え子を誘い、京都のど真ん中で見納めとなる紅葉狩りを愉しむ。

都心に近く、交通のアクセスにも恵まれ、境内はどこも観光客で溢れる。

広大な境内のため、観光客のキャパシティは十分。ゆっくり紅葉を愉しめる。あと1週間は紅葉を観賞できそうだ。

陽が傾くにつれ気温も下がって来たんで、熱いコーヒーが恋しくなった。途中、出町橋のヌートリア・スポットに立ち寄り元気な姿をショット。

途端、雨が落ちてきて近くの喫茶店に駆け込み冷えた体を温める。



▼一面落ち葉に覆われた下鴨神社の馬場。黄葉し始めの色合いがマイルド。

DSC_0797_convert_20121203092644.jpg (クリックすっと、画像が拡大)



▼鴨長明ゆかりの河合神社の朱のダブル鳥居。

DSC_0801(蝨ァ)_convert_20121203173404



▼河合神社境内。イチョウの落葉、くすんだ築地塀とその向こうの紅葉は一幅の絵になる。

DSC_0828_convert_20121203093019.jpg



▼河合神社の吊り灯篭。

DSC_0809_convert_20121203092814.jpg



▼河合神社の鏡絵馬奉納。美人願望の若い女性に人気。

DSC_0814_convert_20121203092903.jpg



▼用意されたペイントで丹念に顔を描く。

DSC_0821_convert_20121203092935.jpg



▼瀬見の小川でみごとな楓黄葉を観賞する家族連れ。

DSC_0844_convert_20121203093426.jpg



▼同業者がカメラのセッティング中。紅葉ピークには少し早いか。

DSC_0849_convert_20121203095158.jpg



▼参道石橋脇の紅葉。観光客がひっきりなし。

DSC_0857_convert_20121203093536.jpg



▼これは見事。

DSC_0876_convert_20121206095324.jpg




▼楓黄葉のアップ。枯れかかった葉も。

DSC_0870_convert_20121203093723.jpg



▼観光客で溢れる楼門。

DSC_0880_convert_20121203230114.jpg



▼朱の楼門と太鼓橋。

DSC_0886_convert_20121203094458.jpg



▼団体客の傍らで神主の説明に聞き入る連れ。

DSC_0883_convert_20121203230654.jpg



▼常緑樹をバックに映える紅葉。

DSC_0903_convert_20121203093635.jpg



▼糺の森。原生林の名残り。

DSC_0912_convert_20121203093822.jpg



▼体長70cmほどの真鯉とヌートリアの並泳(出町橋付近)。

DSC_0916_convert_20121203093911.jpg



▼ヌートリア親子が互い違い方向に泳ぎだす。こういうのって人にもあるな(笑)。

DSC_0918_convert_20121203095718.jpg



▼降りだした雨の中で首をすくめて佇むシラサギ(出町橋付近)。

DSC_0917_convert_20121203095041.jpg



左京区の名だたる紅葉の名所、おおかた踏破したかな。それにしても今年はよく出かけたもんだ(汗)。

風流廟も重症になってもた(トホホ)。

ミオちゃん、お気に入りの下鴨神社の紅葉のピークはこれからですよ。

あとは来年までお預け。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

プロフィール

洛倭亭庵主

Author:洛倭亭庵主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード