FC2ブログ

宝ヶ池のオシドリ

1月も残すところわずかに。

草庵で卒論読み三昧で脳ミソが溶けそうになるのと同時に身体もなまってきた。運動不足もいいとこ。

風もなく、ときおり陽が射し込む天気とあって気分転換の散策と運動を兼ね、洛北宝ヶ池へ。

昨年2月に撮影したオシドリ(鴛鴦)が飛来しているはずだ。

愛用のフルサイズ一眼レフカメラD800Eに24-70mm標準ズームと70-300mm望遠ズームレンズを携行。

それにしても重い。3.5ログラムのバッグが肩に食い込む。

池の周囲の散策道は格好のジョギングコース。ときおりジョギンガーが息を切らせながら脇を駆け抜ける。

菖蒲園脇のオシドリ撮影ポイントにやってくると、アマカメラマンが数人たむろ。


お目当てのカモといえば、立木の根元に身を寄せて日向ぼっこ中。なかなか泳ごうとしない。

脇で超望遠レンズでシャッターチャンスを待つアマカメラマンも手持ち無沙汰の風情。

こんなときは、相手がもつ自慢の道具(カメラ、レンズ)を褒めそやすと、たちどころに会話が進む。

この連中といったら、シャッターチャンスを求めて半日、一日ジーッと待つ忍耐力と暇の持ち主。

ほかにやることないんかい!。

こんなご仁たちとは、よう付き合っておれん。せいぜいこの寒空に1時間が限度だ。短気は親譲りだわい。

ときとして、花鳥風月を愛でるのも楽ではありまっせん(笑)。




▼宝ヶ池と国際会議場。黄砂に霞む山並。

DSC_2083_convert_20130131104345.jpg (クリックすっと、画像が拡大)



▼乗り手のいない遊覧ボートは冬季休業中。

DSC_2072_convert_20130131122840.jpg



▼カモが群れて遊泳。奥に比叡山。

DSC_2065_convert_20130131120839.jpg



▼池岸の散策道。左手が菖蒲園前の”オシドリ”スポット。

DSC_2054(蝨ァ)_convert_20130131110052



▼重装備のアマカメラマン夫婦が超望遠レンズでひたすらオシドリを狙う。

雜・悍驕縺ァ迢吶≧_convert_20130131113151



▼オシドリどこだ??。いたいた立木の根元に十数羽。

DSC_2030(蝨ァ)_convert_20130131110336



▼これぞオシドリ夫婦。種の保存とはいえ、なんともド派手な雄の羽毛。

DSC_2050_convert_20130131105015.jpg



▼木の根っこに寄り添い揃って甲羅干し。70~300mmテレ端ではこれがズーム限界(涙)。

DSC_2041・亥悸・雲convert_20130131110009



▼毛づくろいの最中(デジタルズーム)。

DSC_2040(Up)_convert_20130131143438.jpg



▼甲羅干しを止め、やおら泳ぎ出した。

DSC_2058_convert_20130131104631.jpg



▼水しぶきとともに鳴き声を上げて一斉に飛び立つ。これじゃ、「飛ぶ鳥、あとを濁さず」どころでは…。

DSC_2059_convert_20130131104746.jpg



▼散策道を歩いてると、頭上のマツの枝にメジロが一羽やって来てさえずりだす。

DSC_2068(菫ョ豁」)_convert_20130131113053



▼目の前に珍しいタイワンハクセキレイが飛来。思わぬシャッターチャンス到来。

DSC_2078_convert_20130131105117.jpg


迫力のあるショットを狙うには、500mmズームと三脚を持参すべきだった。それに2倍テレコンバーダーを装着したら、フルサイズ画面一杯にオシドリを写し込めたろうに(涙)。

「後悔あとに立たず」だわい。

もう一度、カメラ愛好の小僧・小娘を連れ出直すことにすっか…。





スポンサーサイト



テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

十数年ぶりに銭湯へ

1月28日(月)。 最高気温が4℃止まりの一昨日、昨日。

ここんとこインフルエンザが流行していて、ついにわが家族の成員も次々とダウン。

庵主のみ、離れの草庵に隔離状態で世捨て人(?)同様の暮らしをしているので、インフルエンザの感染から辛うじて免れる。


家の風呂に行くと感染のおそれがあるんで、やむを得ず東山通りに面した「しののめ湯」銭湯へ。

陽が落ちると、急激に気温が下がるんで、陽がまだ西の空に沈む前に出かけることに。

町内に残る銭湯はここだけ。昔はもっと近くに「地蔵湯」というのがあって、子供を連れてときおり行ったもんだ。

「男湯」と染められた暖簾をくぐるや、入浴料410円の表示には驚いた。以前に行ったのは200円くらいだったのに…(ウーッ)。

自宅の狭い風呂と違い、暖かく浴室が広くて快適そのものだ。

高い入浴料を払ったんで、湯当たりする寸前まで粘りに粘る。外に出た頃には足元がややおぼつかない。


久々の銭湯っていいもんだ。温泉なら、なおさらだが。

次は、北白川ラジウム温泉か鞍馬温泉へでも遠征すっかな。



今回は場所柄、写真はありまっせん。銭湯にカメラ持って行くアホはいるまいて。

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

愛弟子の他界

1月22日(火)午前、韓国の畏友Bae Kidong教授から悲しい知らせが電話とメールで伝えられた。

教え子の黄昭姫(Hwang So-hee)が早朝5時、入院していた病院で息を引き取ったという。

日本に9年間留学し、帰国後不治の病に冒され3年間闘病生活を送った末、40余年の短い生涯を閉じた。

2008年秋に卵巣癌が発見され、翌年3月に手術で病巣を切除し快方に向かっていたものの、手術の1年後に再発し投薬による闘病生活を送っていたが、その甲斐もなく…。

温和で優しく後輩の面倒見がいい性格は、彼女と接した誰にも慕われ愛された。



日本留学中の彼女は、2001年~2007年に実施された韓国京畿道漣川郡全谷里旧石器遺跡の年代解明を目的とした日韓共同研究に一研究者兼通訳・マネージャーとしてプロジェクトを献身的に支え成功裏に導くという大きな功績を残した。

このプロジェクトは、それまで論争が続いていた全谷里遺跡の年代解明に向けさまざまな専門分野の日韓両国の自然科学者が参加し、30年余に及ぶ年代論争に決着をつけるという大きな成果を得た。

第2次大戦後、東アジアでなされた国際共同研究としては突出した成功例といってよい。その成果は欧米の研究者の間でも高い評価を得ている。

この7年間にわたる国際プロジェクトは考古学はもとより自然科学の難解な専門用語を理解し、日韓両国語の通訳として橋渡しをしてくれた彼女の存在があってこそ成功したものである。



人の生というものは物理的な時間の長さではなく、その中身の質によって評価されるものだ。

実に短い人生であったが、その名前と輝かしい貢献は永遠に日韓研究者の脳裏に刻まれるにちがいない。

人生を駆け脚で走り抜けた愛弟子よ、長く苦しい闘病生活から解放された今、天国で安らかに眠れ。



▼2011年5月、全谷里国際シンポジウム・レセプション会場前でのスナップ。これが最後のショットに。

DSC_5330_convert_20130125121824.jpg (クリックすると、拡大)


2009年の手術の際、平癒を願い千羽鶴を折ってくれた後輩や所縁のひとたち、ありがとう。

彼女は、最後の最後まで生への情念を捨てずに闘ってくれました。

ともに彼女の冥福を祈りましょう。



テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

今年も龍の玉が

1月21日。最高気温が10℃。比叡山頂の雪も消え、寒さも一息。

今日は東寺の「初弘法」。毎月21日に東寺(教王護国寺)の境内で開かれる市の年初めにあたるので初弘法と称される。

脚を運べなかったが、境内はさぞかし賑わっていることだろう。25日の「初天神」(北野天満宮)には早咲きの梅花を探しにブラリと出かけるとするか。


落ち葉に埋もれた路地で小さな藍色の玉を見つけた。リュウノヒゲという植物に付く実だ。

昨年もブログで紹介したが、今年も光沢を帯びた藍色の実を結んだ。落ち葉の蔭で人目をはばかるようにひっそりと実を付けるのがなんとも奥ゆかしい。


一方、裏庭では真っ赤な実をたわわに付けたナンテンと、白い大きな実を付けたナンテンが冬枯れの庭に色彩を添える。これもまたわが庵の冬の風物詩。

自然の摂理とは言え、季節を忘れずに実を付ける植物を見ていると、なにかしら心がなごむ。



▼落ち葉の蔭に龍の玉が。

DSC_8944_convert_20130121133950.jpg (クリックすっと、画像が拡大)



▼たわわに赤い実を付けたナンテン。

DSC_8946_convert_20130121134035.jpg



▼白い実のナンテン。

DSC_8948_convert_20130121134110.jpg



▼早くも芽吹き始めたアジサイ。まるで筆の穂先。

DSC_8949_convert_20130121134142.jpg



深夜になって、アルジェリアの人質事件で日本人7人の死亡のニュースが飛び込んできた。

他にも日本人3人が生死不明という。痛ましい。

この事件が起きるまで、サハラ砂漠のガスプラントに日本人技術者が働いていたとは知らなかった。

これから事件の真相が徐々に明らかになるのだろうが、北アフリカや中東の政治情勢に目が離せなくなってきた。


しばらくは中東、北アフリカに近づかんとこ。クワバラ、クワバラ。

人質になっても、見殺しにされるのが関の山じゃろうて。韓国はともかく、中国も少し雲雪が怪しくなってきよった。

誰だこんな事態にしたんは!!!(ブツブツ)



テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

早くも黄砂飛来??

1月16日。風のない穏やかな日和。

東山を望むと、霞んで見える。黄砂が早くも…?。

中国の大都市ではスモッグが滞留し、有害物質もふくまれることから外出も危ぶまれるそうな。

死者まで出ているらしい。深刻な事態だ。

今に始まったことではないが、野放しの排気ガスが主な原因らしい。車の所有者が爆発的に増え、メーカーに対する排気ガス規制もゆるい現状がもたらした悲劇だ。

都市住民がこんな現状にいつまで耐えられるのか。経済成長と引き換えに環境汚染が各地で蔓延する国だ。



今出川通りからキャンパスに脚を踏み入れると、赤とピンクの花をつけた椿が目に入った。花が少ないこの時期、彩りをあたるのはツバキくらいだ。

清掃車の車庫の前を通ると、リボン付きのサングラスをかけたイヌの縫いぐるみが。なかなかユーモラスだ。

さっそくコンデジの被写体に。


部屋に入って窓を開けると、白いキャップをかぶった比叡山が飛び込んできた。標高が低い如意ヶ岳(大文字山)には雪がない。



▼図書館脇の植え込みで赤い花を咲かせる寒椿。映画「椿三十郎」を思い出すな。

P1010006_convert_20130116204023.jpg (クリックすっと、画像が拡大)



▼サングラスをかけた犬の縫いぐるみ。粋だね~。ほかにクマにパンダ、ドナルドダックも。なんじゃ、ここは!

P1010008_convert_20130116204056.jpg



▼春霞?、はたまた黄砂の到来?

P1010005_convert_20130116204128.jpg



▼冠雪した比叡山。コンデジで目いっぱいズーム。やはり霞んどる。

P1010002_convert_20130116204151.jpg


去る11日、3年ぶりに1回目の学長選がおこなわれた。知名度の高い村田晃嗣法学部長が一騎打ちで過半数を制し、5期15年間続いた現執行部が推す候補が敗れ、新しい執行部が誕生する。

次々と新しい学部を創設し、あげくは医学部・医科大学の開設による総合大学を目指す「大同志社構想」(この少子化時代に時代逆向も甚だしい)に警鐘が鳴らされた。

これからは量より質、大学の英知を結集した教育研究の内実が問われる時代になるのは必至だ。新学長の手腕が問われる。

初鯛

1月15日。出勤の途中、愛宕山、北山の峰々、比叡山を眺めると薄く雪化粧。ブルブル。

鴨川の河原を覗くも、この時期に必ず群舞するユリカモメの姿が見えん。どこに行ったものやら???。


午後8時過ぎまで、パソコン画面での書きものに追われ、目が霞んできたところでリタイア。

円亭に寄って女将を冷やかしながら、伊勢の海で獲れた天然鯛の塩焼きを肴にお湯割りをチビチビ。

養殖ものと違い、天然産は味が違う。

頃合いを見計らって、鹿児島出身の常連客がわざわざ届けてくれたという薩摩揚げも出てきた。

そう言えば、先日、隣で飲んでいたとき、「薩摩白波」から「薩摩揚げ」の美味に及んだのを思い出す。

その流れでわざわざ郷里から取り寄せてくれたそうな。その配慮がなんとも嬉しい。

奥の座敷では、常連客で川向こうの大学のF先生が仲間と音楽談義に花が…。

話しの頃合いを見て、新年のあいさつを交わす。

後輩が現われ、閉店時間を大幅にオーバーし、ほろ酔い気分で家路に。

途中、雰囲気のいい「Bar探偵」に寄り道し、カウンターで暖かいカクテルをオーダー。



▼伊勢産鯛の塩焼き。コンデジを取り出し2枚撮ったところで電池切れ(涙)。

P1010003_convert_20130116073934.jpg


東京のK瀬さん、女将が首を長くして待ってますぞ(笑)。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

北野さんへ初詣

新年1月8日。風がなく、暖かい陽射しが注ぐ小春日和。

重いカメラバッグを肩に掛け、ここ数年恒例となった学問の神様を祀る北野天満宮へ初詣。お供は今年卒論提出を控えるゼミの三人娘。

初詣客や受験生で溢れていると思いきや、意外や参詣者はまばら。いささか拍子抜け。


遅参の子を待つ間、早咲きの梅花を求めて境内をウロウロ。どこもかしこも固い蕾ばかり。

教え子のひとりが蕾が大きく膨らんだ紅梅1本を見っけ。よくぞ見つけてくれたわい。

早速、カメラを向けるもオートフォーカスの焦点が合わず四苦八苦。レンズキャップを近づけて置きピンでショット。

あとでマニュアルフォーカスの手があったのを思い出す(汗)。


全員そろって拝殿前で賽銭を上げ、めいめいに成就を神妙に祈願。

重たい真鍮の筒に入った籤棒を引くと、31番の数字が。

お御籤札を受取る窓口でその数字を巫女さんに告げると、「31番の数字はありません」と!!??。

ムムッ、番外の数字を引くとは…。考えようによっては、これは大当たりかも??(笑)。

気を取り直し、再度挑戦すると3番の数字が。これなら文句あるまい。

200円を払って御籤札を受け取り、今年の運勢を見ると、な、なんと「中吉」!!。

今年の籤占いは、まずまずじゃわい。

連れの子たちは「吉」「小吉」と出た。卒論、就職はまず問題なかろうて。


▼干支の大絵馬が掲げられた楼門。

DSC_1334_convert_20130109002801.jpg (クリックすっと、画像が拡大)



▼三輪晃久画伯(日展評議員)による今年の大絵馬。かわいい巳と梅との取り合わせ。

DSC_1335_convert_20130109002840.jpg



▼まばらな参詣客。

DSC_1340_convert_20130109003504.jpg



▼患部にあたる部位を撫でると治ると信じられる大人気の石牛。もう表面がツルツル、テカテカ!。

DSC_1359_convert_20130109093212.jpg



▼唐獅子の欄間と真新しい注連縄。

DSC_1355_convert_20130109003210.jpg



▼閑散とした境内。林立する梅の木はまだ蕾。

DSC_1344_convert_20130109012629.jpg



▼膨らんできた蕾。開花まで10日ほどか。

DSC_1361_convert_20130109003048.jpg



▼開花まじかの紅梅の蕾。絵馬殿前。

DSC_1350_convert_20130109003129.jpg



▼スナップを撮ろうとすると、年配の参詣客が冗談を言って冷やかしてきた。

DSC_1374_convert_20130109091928.jpg



▼拝殿前のショット。

DSC_1375_convert_20130109003548.jpg



▼正月気分が漂う花街「上七軒」のお茶屋のたたずまい。

DSC_1379_convert_20130109003637.jpg



▼糸巻をあしらった西陣らしい正月飾り。発想が奇抜だ。

縺願幻螻九・豁」譛磯」セ繧垣convert_20130109095048



▼西陣の瓦屋はん。軒の屋根に鬼瓦がとりどり。

DSC_1381_convert_20130109003722.jpg


参詣後、上七軒の目抜き通りを経て千本釈迦堂に寄り、築80年の民家を改造した喫茶「ひだまり」の畳の間でぜんざいを食べながら一服。


テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

獅子の「頭噛み」

正月3日。午後2時から鎮守の田中神社で獅子による「頭噛み」の神事が催される。

開始時刻になると、老若善男善女の氏子たちが三々五々拝殿の前に集まる。

宮司の説明によれば、この獅子頭は紀伊徳川家から寄進されたものと言う。

ここの神社での獅子の頭噛みは、「無病息災」を祈願し数年前から始められた。


新春の祝詞に続き、参拝者のお払いがおこなわれた後、頭噛みがスタート。

おじいちゃんに抱かれた幼児が獅子の前に出ると、怖がって泣き出さんばかり。

最初に左肩、次いで右肩、最後に頭を差し出して獅子が噛む真似をする。

これが済むと、巫女がお神酒を紙コップに注いでくれて呑み干す(希望者のみ)。

最後に用意された干支の「巳」が描かれたミニ絵馬を拝領し退出。


昔は正月に出し物の「獅子舞」が催されたものだが、現今はアトラクション意外に出番がない。



▼神事開始前の拝殿前。焚火で暖をとる参拝者。

DSC_1286_convert_20130103180645.jpg (画像が拡大)



▼大国主命に奉納される「宮司舞」。

DSC_1305_convert_20130103174202.jpg



▼獅子使い、巫女、太鼓打ちと役者も揃い、獅子「頭噛み」の由来を説明。

DSC_1292_convert_20130103175836.jpg



▼獅子使いと金の獅子頭。口がパクパクする。

DSC_1288_convert_20130103174005.jpg



▼振舞いの「お神酒」とミニ絵馬。

DSC_1287_convert_20130103173931.jpg



▼こわがる幼児。

DSC_1309_convert_20130103174250.jpg



▼頭を差し出す女子。

DSC_1314蛻・栢縺浩convert_20130103174504



▼茶髪の巫女による「お神酒」のふるまい。

DSC_1319_convert_20130103175905.jpg



▼列をなす参拝者。

DSC_1320_convert_20130103174414.jpg


頭を噛んでもらった効能はいつ現われることか…。ボケ防止に効き目ありや否や。


初詣

皆様、明けましておめでとうございます!。

京都は冷え込みましたが、青空が拡がる2013年の元旦を迎えました。

旧年中のわがphotoブログ訪問に心より感謝いたします(ペコリ)。

今年も「花鳥風月」をテーマに「風流」を心ゆくまで追究しますので、ご愛顧のほどよろしくお願いしま~す。


例年、年代わりの時刻に参詣するのを怠り、陽が高く昇るのを待って、わが守護神大国主命が鎮座する田中神社へ初詣に。

参詣者はチラホラなるも、新年の平安をひたすら祈願。

果たして、ことしはいかなる年になることやら…???。神のみぞ知る。

取りあえずは、胸突き八丁「魔の一月・二月」をクリアせねば!!。



▼鎮守の田中神社。

DSC_1261_convert_20130101095333.jpg (クリックすっと、画像が拡大)



▼参詣者のために焚き火が用意された境内。

DSC_1278_convert_20130101095834.jpg



▼巳年の大絵馬。梅花、青笹、コマを添え、青竹に凝らした巳が独創的だ。

DSC_1264_convert_20130101095421.jpg



▼閑散とした本殿前。

DSC_1268_convert_20130101095525.jpg



▼ついでに稲荷社にも参詣。

DSC_1270_convert_20130101095637.jpg



▼大国主命の土鈴。カワユーイ!。

DSC_1274_convert_20130101095751.jpg



▼奉納された大国主命の絵馬。

DSC_1271_convert_20130101095718.jpg



▼ナニナニ?、3日は金獅子による「頭かじり」と「舞奉納」とな。ブログネタを提供してもらえるかな(期待)。

DSC_1282_convert_20130101225819.jpg

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

プロフィール

洛倭亭庵主

Author:洛倭亭庵主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード