FC2ブログ

洛北大田神社の杜若Ver.2

5月6日。GW最終日。最高気温27℃の夏日に。目まぐるしい日替わり気温の変化にタジタジ。

洛北大田神社の杜若(カキツバタ)が気になって上賀茂界隈を散策。この辺りは明神川に面して社家(上賀茂神社の神職筋の屋敷)が並び、清楚で落ち着いた景観を醸し出す。

社家の家並みは京都市の伝統的建造物群に指定され、特別風土保存地区として保護されている。


大田神社のカキツバタは、鎌倉時代初期に歌にも詠まれ歴史が古い。

  「神山や大田ノ沢のかきつばた ふかきたのみはいろにみゆらむ」(藤原俊成)

この歌の含意は、神が降臨する神山の大田の沢のカキツバタに祈る恋情は、この花の色のように一途(紫一色)で美しく可憐なのであろうか。

なんとも抒情的で奥ゆかしい歌だわい。オカちゃん、どうやこの歌!?


この村里では「池に手を入れると手が腐る」という言い伝えがあり、カキツバタが今日まで保護されてきた。

迷信も時と場合によっては現実的な効果があるんだ。なお昭和14年には国の天然記念物に指定。


紫色は古代から高貴なものとされ、紫色の花をつけるカキツバタは大きな花冠とも相まって古代の日本人に愛された。

それにしても、ヌードダンサーの元祖のような神様を祀る大田神社と俊成の歌とのギャップが……。



▼大田神社の朱の鳥居。右手前にカキツバタ園がある。

DSC_5063(蝨ァ)_convert_20130506201024 (画像をクリックすっと拡大)



▼鬱蒼とした社叢にたたずむ大田神社本殿。祭神は天岩戸神話で有名なアメノウズメの命。

DSC_5067(蝨ァ)_convert_20130506201109



▼本殿に奉納された絵馬。黒・白牛が描かれている。

DSC_5080(蝨ァ)_convert_20130506201148



▼陽光を受けた新緑の樹叢と大田神社前のカキツバタ。

DSC_5053(蝨ァ)_convert_20130507093247



▼三分咲きのカキツバタ。この時期だけ観光客が訪れる。

DSC_5057(蝨ァ)_convert_20130506201222



▼紫色の花をつけたカキツバタ一輪。

DSC_5042(蝨ァ)_convert_20130506201301



▼カキツバタ群落。陽のあたり方で色合いが異なる。

DSC_5048(蝨ァ)_convert_20130506211347



▼神山の山端に見事な花をつけた野生のフジ。壮観さに思わず息を呑む。

DSC_5092(蝨ァ)_convert_20130506201350



▼同上up。お見事!。Naturalには、それなりの美しさが。

DSC_5096(蝨ァ)_convert_20130506201425



▼明神川に面した上賀茂社家の家並み。少女が気持ちよさそうに足を浸している。

DSC_5115(蝨ァ)_convert_20130506201509



▼明神川に架かる石橋。

DSC_5125(蝨ァ)_convert_20130507093340




▼上賀茂神社境内の緑鮮やかな社叢。竹矢来は前日の競馬のなごり。

DSC_5141(蝨ァ)_convert_20130506201538



▼境内の桐の花。

DSC_5146(蝨ァ)_convert_20130506201609



▼上賀茂神社朱の楼門。

DSC_5149(蝨ァ)_convert_20130506201646


今年のGWも今日でお終い。ちと寂しいような…。

先月末から10日間も休みが続き、曜日の観念が失せてもた(汗)。

このベストシ―ズンはいつまで続くことやら…。
スポンサーサイト



テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

千本ゑんま(閻魔)堂大念仏狂言Ver.2

今回はいつもと趣向の変わった写真をアップ。

5月4日。GW後半2日目。バタやんを誘い、京都三大念仏狂言の一つ「千本ゑんま堂大念仏狂言」を物見遊山に。

京都市上京区西陣にある千本閻魔堂(引接寺;いんじょうじ)では、大念仏狂言保存会の面々によって毎年節分と5月初めに2度開催。


狂言は、室町時代の猿楽に端を発する古典芸能の一つで戯言(ざれごと)、洒落、風刺、誇張、滑稽さを売りにした庶民性の強い喜劇。

京都には無言狂言(壬生狂言、嵯峨大念仏狂言)と科白(せりふ)をまじえる狂言(千本ゑんま堂)がある。

シテ役、脇役2~3人が独特の狂言面と室町時代の衣装をつけて演じ、1演目が30分前後。千本ゑんま堂は入場無料。


会場に着くと、既に300人を超える年配の観客が青空天井の下、舞台に魅入っている。

源頼光の土蜘蛛退治を題材にした「土蜘蛛」は白い蜘蛛の糸の趣向でとりわけ有名だが、あいにく今日の演目には入っていない(トホホ)。

午後3時頃から観賞できたのは「福釣り」「靭猿」「花盗人」「紅葉狩り」。

舞台が西側に設けられ、撮影にタブーの逆光のポジションだ。

それでも雲が出てきて直射光をさえぎってくれる。これは天助!!(ついとる)

上演の途中、天気予報になかった雨がポツリ、ポツリ(ウワーッ、高価なカメラが濡れる)。


ここでは名場面のさわりだけを紹介すっことに。



▼迫力満点の「千本ゑんま堂大念仏狂言」のポスター。

DSC_4916_convert_20130505105948.jpg (画像をクリックすっと拡大)



▼民家に囲まれ、こじんまりした引接寺境内。

DSC_4895_convert_20130505142101.jpg



▼屋外観覧席と舞台。「福釣り」を上演中。

DSC_4901_convert_20130505110104.jpg



▼「福釣り」の一幕。なんでも釣れる釣り竿で女房としたい女を釣り上げ祝言。これがまたウワバミのような女。

DSC_4908_convert_20130505110215.jpg



▼「福釣り」の一幕。かぶり物を取ったらオカメ顔に仰天。

DSC_4911_convert_20130505110321.jpg



▼境内に咲く藤の花。ピークを過ぎたか?

DSC_4913_convert_20130505110446.jpg



▼「靭猿」の配役。左手に猿まわし、右手に殿様とその従者。

DSC_4930・郁」懈ュ」・雲convert_20130505135216


▼「靭猿(ゆきざる)」の一幕。お尻を観客に向けて叩く猿のしぐさが滑稽。子役なれど演技上手。

DSC_4929_convert_20130505110817.jpg



▼「靭猿」の一幕。

DSC_4936_convert_20130505134337.jpg



▼「靭猿」の一幕。背中に背負われて退場。

DSC_4947_convert_20130505110931.jpg



▼境内に植えられた普賢象桜。花冠から落下する珍しいサクラ。

DSC_4915_convert_20130505111038.jpg



▼「花盗人」。見事な桜枝を囮に武士から脇差、大刀を次々とだまし取る。

DSC_4953_convert_20130505111158.jpg



▼刀を奪われた武士主従が、奪い返しに近づく。しぐさが滑稽。

DSC_4973_convert_20130505185450.jpg



▼花盗人を羽交い締めにし、だまし盗られた刀を奪い返すシーン。

DSC_4978_convert_20130505140428.jpg



▼花盗人を捕え、従者に捕縛縄を結わせるシーン。これぞ泥縄。

DSC_4983_convert_20130505140539.jpg



▼頭上に伸びる普賢桜の枝。ときおり風で花弁を散らす。

DSC_4956_convert_20130505141721.jpg



▼「紅葉狩り」。女装した魔性。帯を前後逆に締めた着物姿が、常人ではないことを示唆。

DSC_4991_convert_20130505111314.jpg



▼魔性の正体は鬼。

DSC_5015_convert_20130505112130.jpg



▼鬼と斬り結ぶシーン。

DSC_5023_convert_20130505112246.jpg



▼鬼を打ち果たし、首級をあげる。

DSC_5028_convert_20130505112407.jpg


風流もいいけど、京都ならではの古典芸能「狂言」もまた一味。中世都人の心が堪能できる。

今回見逃した方は、来年にご期待あれ。

庵主も、来年は「土蜘蛛」を観賞、激写すっことに。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

高野川の鯉

5月3日。 下鴨社を尋ねる途中で御蔭橋から高野川を覗く。ここにも春が。

中洲では菜の花が満開。これは「朧月夜」の世界だ。思わず口ずさみたくなる光景。

葦の岸辺にゴイサギが一羽たたずむ。さてはここが棲みかか?

水面を目で追うと、大きなマゴイと錦鯉が気持ちよさそうに遊泳中。出水のときに庭池から脱出してきたものか?

五月は鯉の季節だ。はためく鯉幟でなく、本物の鯉が眺められる高野川。 

半世紀前には友禅染めで五色の帯に変じた高野川に自然がもどってきた。



▼高野川と北山。桜並木は早「若葉並木」。

DSC_4793(蝨ァ)_convert_20130504094545 (画像をクリックすっと拡大) 



▼高野川下流。緑に菜の花がアクセントをつける。

DSC_4885(蝨ァ)_convert_20130504095809



▼中洲は菜の花畑。鴨川・高野川の春の顔だ。

DSC_4879(蝨ァ)_convert_20130504094849



▼すっかり川の主役になったゴイサギ。

DSC_4874蝨ァ_convert_20130504101122



▼大きな真鯉が遊泳。

DSC_4876(蝨ァ)_convert_20130504094629



▼赤の発色がイマイチだけど錦鯉も。自然界では目立つのも厳禁!?。で、赤色が退化???

DSC_4872(蝨ァ)_convert_20130504094810



▼土堤で見つけたタンポポの胞子。それにしても込み入った構造じゃわい。

DSC_4890(蝨ァ)_convert_20130504094924



▼踏切で出会った春色の叡電車両。海に出かけたくなりそう。この含蓄が分かるひとは…(笑)。

DSC_4894菫ョ豁」(蝨ァ)_convert_20130504094957

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

下鴨社流鏑馬

5月3日。GW後半の初日。爽やかな五月晴れ。

今日は下鴨神社の恒例の流鏑馬(やぶさめ)神事の日。「葵祭」の露払いをつとめる神事だ。

流鏑馬は、犬追物、笠懸とともに鎌倉時代に武士の武技を練るためにはじまった「騎射三物(きしゃみつもの)」のひとつ。


体調を崩し、2日間ほど草庵に引きこもってたら、気がふさいで…。コリャ、アカン。

午後1時過ぎ、気分転換と運動を兼ね世界遺産「糺の森」へ。徒歩10分の距離。

境内に着くと、流鏑馬見物の観光客で馬場は黒山の人だかり。

昨年、流鏑馬を近くで撮影したポイントは立錐の余地もない。好天のせいか、去年よりも人出が多い。

しゃ~ない。三の鳥居前に行って、華やかな衣装をつけた祭の主役・脇役たちをターゲットに。

ここは舞台裏とあってひともまばらだ。本番前の緊張した表情が垣間見える。




▼若葉に包まれた境内参道。

DSC_4868(蝨ァ)_convert_20130503172922 (画像をクリックすつと拡大)



▼あでやかな着物姿の観光客。手に観光誌。大股で目の前を通り過ぎて行った。

DSC_4864(蝨ァ)_convert_20130503173003



▼三の鳥居と朱の楼門。本殿の参詣客でにぎわう。

DSC_4856(蝨ァ)_convert_20130503183707



▼三の鳥居前で周回しながら馬を馴らす射手。

DSC_4803(蝨ァ)_convert_20130503173050



▼白馬の鞍と鐙の細部が分かる。

DSC_4805(蝨ァ)_convert_20130503173126



▼額に白い御幣が。いい顔しとる。

DSC_4817(蝨ァ)_convert_20130503173205



▼馬車まで登場。場違いな!!

DSC_4813(蝨ァ)_convert_20130503173600



▼勅(?)の入った文箱を捧げ持つ稚児。列の先頭を切る。カメラに気づいた。

DSC_4820(蝨ァ)_convert_20130503173633



▼直垂衣装の楽人。冠に葵の若葉をかざす。

DSC_4832(蝨ァ)_convert_20130503173708



▼恥ずかしげな巫女役。

DSC_4834(蝨ァ)_convert_20130503173742



▼鏑矢が入った胡籙(ころく)を手に。流鏑馬には鏑矢を使う。

DSC_4846(蝨ァ)_convert_20130503173855



▼冠に葵葉をかざした検非違使と轡を取る御者。

DSC_4839(蝨ァ)_convert_20130503173819




▼狩衣姿の馬糞片付け役の若い女性。

DSC_4854(蝨ァ)_convert_20130503173924



▼瀬見の小川辺に咲くシャガの花。花弁は白、青、橙色のアンサンブル。

DSC_4871(蝨ァ)_convert_20130503174622

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

プロフィール

洛倭亭庵主

Author:洛倭亭庵主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード