FC2ブログ

洛北蓮華寺の錦秋

11月28日。最高気温が10℃と、寒気団の南下により今年一番の冷え込みに。12月下旬の気候とか。

しこたま「風流」をこじらせ、毎年「紅葉狩り」の定番となった洛北高野の蓮華寺へ。

例年のことだが、訪れるタイミングが難しい。山門の内側にある見事な黄葉を付けるイチョウの木はすっかり丸裸(ウウッ)。


山門をくぐると、大がかりな夜間照明用の機材を黙々と運ぶテレビ局のスタッフが数人???。

聞けば、今夜放映される「報道ステーション」の夜の紅葉生中継の準備とか。

八瀬の紅葉の名庭「瑠璃光院」も1昨年「報道ステーション」で中継されるや観光客が門前列をなして押し寄せ、床が抜けそうになったのか今年から非公開に。

あ~あ、これで「紅葉の穴場」もお終いか。来年は観光客がわんさか押し寄せること必至(涙)。


庫裡の戸をくぐり方丈間に入ると、バス2台で押し寄せた団体客が暗い畳の上に正座し立錐の余地もない。

住職の説明が終わるのを待って、奥壁の前に敷かれた赤い毛氈に腰をおろし、屏風庭を暫し観賞。

柱が屏風の桟となり、屏風絵の光景を現出。庭園は仙界、極楽浄土を連想させる。

小一時間、こじんまりとした境内の紅葉を愉しむ。



▼紅葉が進む比叡山と高野川。左手の山裾に蓮華寺。

DSC_7351_convert_20131129070239.jpg (画像をクリックすっと拡大)



▼狭い山門の戸をくぐると中は別世界。門が額縁効果を。

DSC_7471_convert_20131129070355.jpg



▼屋根瓦の上にも落葉が。

DSC_7452_convert_20131129072726.jpg



▼秋色に染まる方丈と庭園。

DSC_7397_convert_20131129072154.jpg



▼方丈から濡れ縁越しに庭園を望む。

DSC_7377_convert_20131129070513.jpg



▼船石と阿弥陀堂前の紅葉。

DSC_7386_convert_20131129070627.jpg



▼水面に映える紅葉。

DSC_7394_convert_20131129071608.jpg



▼石組の上に苔むした地蔵さん。頭に緑髪の毛が蘇生。

DSC_7395_convert_20131129094517.jpg



▼落葉に埋まった石灯篭。

DSC_7407_convert_20131129093446.jpg



▼阿弥陀堂前に咲く白い八重椿。

DSC_7429_convert_20131129072438.jpg



▼阿弥陀堂前の黄葉。

DSC_7406_convert_20131129072327.jpg



▼苔が生えた檜皮葺の屋根をバックにオレンジ色の紅葉(山門脇)。

DSC_7468_convert_20131129073002.jpg



▼夕陽にひときわ映える黄葉。

DSC_7401_convert_20131129132001.jpg



▼黄葉真っ盛り。

DSC_7420_convert_20131129093619.jpg



▼茶室前のせせらぎ。夕陽が黄葉をライトアップ。

DSC_7437_convert_20131129080223.jpg



▼石仏もこぞって紅葉狩り。

DSC_7358_convert_20131129232826.jpg



毎年、蓮華寺を訪ねても、カエデの発色が微妙に異なる。

訪ねるタイミングもあろうが、年々の気候の微妙な変化を反映したものか。

今年は山門脇の見事なイチョウの木がすっかり丸裸になっていたのが心残り。時機を逸した感が。



撮影機材;Nikon D800E
AF-S NIKKOR 70-200mm F/2.8G ED VR
     TAMRON SP 24ー70mm F/2.8 Di VC USD
スポンサーサイト



テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

古都錦秋;真如堂

11月26日(火)。昨夜のうちに雨も上がり、朝から雲間に青空が覗く。

やや風があるが、穏やかな日和で撮影には格好。

昼過ぎから満を持して洛東の真如堂をひとり訪れ、今が盛りのカエデ紅葉を愛でながら激写また激写。

今日はマイクロ、標準、望遠ズームの三本のレンズに重い三脚を持参するも、境内は三脚使用禁止(トホホ)。

真如堂は天台宗比叡山延暦寺の末寺で、永観2年(984)創建と伝えられる。堂宇は応仁の乱で焼かれ移転を重ねながらも1000年の歴史を刻む名刹。

寺宝の『真如堂縁起絵巻』は教科書の挿絵にも使われ有名。


広大な境内は、洛東吉田山の南にある紅葉の名所。本ブログでは初のアップ。

これぞ「古都錦秋」に恥じない。

観光客でごったがえす土・日曜日を避けて平日に訪れるも、紅葉狩りを愉しむ老若男女で境内は埋め尽くされる。

アップ写真の説明には言葉は不要。ブログ訪問者は古都晩秋の刹那をお愉しみあれ。


▼紅葉に染まる山門。空気まで紅に染まりそう。

DSC_7179_convert_20131127011220.jpg (画像をクリックすっと拡大)



▼ノジギクと紅葉。左手奥に山門。

DSC_7331_convert_20131127013309.jpg



▼紅葉の隙間の三重塔。古都らしく絵になる光景。

DSC_7207_convert_20131127011522.jpg



▼紅葉の森に塔が見え隠れ。

DSC_7334_convert_20131127013507.jpg



▼参道はモミジのトンネル。思い思いにスナップ。着物姿の女性も。

DSC_7201_convert_20131127082642.jpg



▼築地脇の黄葉。

DSC_7184_convert_20131127011354.jpg



▼燃えるような紅葉と白の築地。

DSC_7189_convert_20131127011658.jpg



▼シックなヤマツツジの梢。

DSC_7192_convert_20131127011804.jpg



▼木漏れ日に照らされ、ひときわ鮮やかさを。

DSC_7191_convert_20131127080927.jpg



▼本堂脇の見事な黄葉。紅のカエデが多い中で黄一点。

DSC_7256_convert_20131127012519.jpg



▼木の根元に落葉の吹き溜まり。

DSC_7252_convert_20131127012400.jpg



▼落葉を激写中の中国人学生?。

DSC_7249_convert_20131127080824.jpg



▼紅葉の木立と落葉の絨毯。

DSC_7205_convert_20131127012108.jpg



▼空間を埋め尽くす紅葉。

DSC_7204_convert_20131127012235.jpg



▼逆光に浮き立つ紅葉up。黄色の斑点が珍しい。

DSC_7286_convert_20131127012621.jpg



▼ヤマツツジ黄葉up。

DSC_7311_convert_20131127013122.jpg



▼本堂をバックに黄葉2枚up。

DSC_7300_convert_20131127012945.jpg



▼樹間の梢。

DSC_7338_convert_20131127013625.jpg


名刹真如堂の壮観な紅葉に暫し癒される。寺の歴史とともに時を秘める紅葉はまた格別だ。


撮影機材;Nikon D800E
AF-S NIKKOR 70-200mm F/2.8G ED VR
     TAMRON SP 24ー70mm F/2.8 Di VC USD
     TAMRON SP Micro90mm F/2.8 Di VC USD



テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

イチョウ黄葉(京大北部構内)

11月23日。ゆる鉄撮影後、京大北部構内へ足を向ける。そろそろ、イチョウ並木が黄葉している頃だ。

案の定、イチョウ並木は黄葉のピークに。

御蔭通りから今出川通りへ抜けるイチョウ並木道は、市民の通路に開放。

今出川通りに向かって進んでいくと、テントが立ち、人だかりが??。

京都大学の学園祭「11月祭」だ。

人だかりの路上に見慣れぬ鳥がウロウロ。よく見ると孔雀だ。なんでここに???

居酒屋「北極星」のテントの下では教官と思しき人たちが炬燵に入ってビールを。

思わず飛び込みたくなったが、ここはなんとか自重。

陽が落ち、急激に気温が下がってくる。堪らず家路へ。


▼碧空に一筋の飛行機雲。上空は冷え込んどる。

DSC_7101_convert_20131124100506.jpg (画像をクリックすっと拡大)



▼京大農学部の夕焼け雲。手前は稲刈りが済んだ実験農場、彼方に愛宕山のシルエット。

DSC_7098_convert_20131124100613.jpg



▼学生たちが行き交うイチョウ並木。

DSC_7109_convert_20131124100733.jpg



▼イチョウ黄葉。黒い樹幹が黄葉を引き立てる。

DSC_7123_convert_20131124101026.jpg



▼学園祭のテント村が。

DSC_7124_convert_20131124100852.jpg



▼樹高30mはあるイチョウ並木のライトアップ。

DSC_7154_convert_20131124101720.jpg



▼日没後の群青色の空を背景に街灯脇のイチョウの梢をショット。

DSC_7145_convert_20131124101600.jpg



▼学園祭のテント村。右端に孔雀がうごめく。

DSC_7126_convert_20131124111841.jpg



▼期間限定の居酒屋「北極星」。

DSC_7138_convert_20131124101442.jpg



▼「北極星」で炬燵に入ってビールで祝杯する教官。

DSC_7135_convert_20131124102751.jpg



▼葉が落ちた桜の枝先に宵の明星(金星)がひときわ輝く。

DSC_7159_convert_20131124101841.jpg



▼知恩寺墓地の石仏と宵の明星。薄雲がかかってきた。

DSC_7167_convert_20131124101949.jpg



▼隣家のクリスマス・イルミネーション。この家って、クリスチャンだったっけ??

DSC_7173_convert_20131124102055.jpg


イチョウの黄葉に一足遅れてカエデ紅葉がやってくる。それも直ぐそこまで。

次回は古都錦秋を。乞う御期待。


撮影機材;Nikon D800E、AF-S NIKKOR 70-200mm F/2.8G ED VR。いずれも手持ち撮影。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

ゆる鉄「叡電」

11月23日(土)。今日は勤労感謝の日で休日。

陽が傾きかける頃、カメラ片手に散策。狙いは叡電のカラフルな車両。

叡電は叡山鉄道株式会社の略称。昔は京福電鉄が経営していたが、京阪電鉄が買収し100パーセントの株をもつ。
京阪電鉄は三条から出町柳まで線路を延長し、大阪淀屋橋から京の奥座敷鞍馬・貴船まで出町柳駅乗り換えでジョイント。


ゆる鉄の叡電車両を元田中駅ー茶山駅間でショット。

ここは線路が大きくカーブし、ゆるゆると走ってくる電車のショットには格好の撮影ポイント。

カーブが一番きつい所は路床が高くつくられ、カメラが車輪の位置にあって迫力満点。

八瀬・貴船の紅葉シーズンとあって、5~10分間隔で運行。いまが稼ぎ時だ。


ファインダーを覗いていると、電車が眼前に迫り、迫力満点。運転手や乗客の表情まで見える。

電車の塗装もなかなか個性的で見飽きない。なかには愛称のエンブレムを付けた車両も。



▼東大路通りの踏切を通過する「陽だまりの彼女号」。また奇抜な。だれが命名したものか。

DSC_6995_convert_20131124002250.jpg (画像をクリックすっと拡大)



▼展望車の「きらら号」(左)と「じょうき機関車トーマス号」(右)。左は元田中駅。

DSC_6986_convert_20131124002042.jpg



▼デオ900系の展望車「きらら号」。陽光を浴びた比叡山の紅葉をバックにカーブを通過中。

DSC_6982_convert_20131124001929.jpg



▼比叡山と「800系」。山頂には白い展望台が。

DSC_6998_convert_20131124002412.jpg



▼線路に突然カラスが飛来し、ひと休み。

DSC_6987_convert_20131124002154.jpg



▼青と緑のストライプの800系。青は鴨川の水の色。

DSC_7079_convert_20131124003525.jpg



▼ベージュ色の車体に緑色のストライプの1両編成の「まどか・マキカ号」。

DSC_7059_convert_20131124003423.jpg



▼老女を介添えする孫娘?。心温まる沿線風景に思わずシャッターを。

DSC_6978_convert_20131124004251.jpg



▼府警のエンブレムを付けた「PATRIN号」。スポンサーは京都府警かいな?

DSC_7018_convert_20131124002658.jpg



▼元田中駅に停車する「PATRIN号」。白と黒でパトカーの塗装が。こんな塗装、叡電だけだろう。

DSC_7023_convert_20131124003315.jpg



▼おばあちゃんとお買い物へ。住宅街のほのぼのとした光景。

DSC_7096_convert_20131124150549.jpg



今日は、ゆる鉄カメラマンに変身。市街地の鉄道写真もまた一興。

ここは、ゆる鉄愛好カメラマンの人気スポットになるかも…。


撮影機材;Nikon D800E、AF-S NIKKOR 70-200mm F/2.8G ED VR

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

紅葉トンネル(古都紅葉第2弾)

11月18日(月)。好天ともあって、叡電二ノ瀬駅で紅葉とゆる鉄ショット。

二ノ瀬は、鞍馬街道の道筋にあたり、平安時代から洛北鞍馬寺、貴船神社、峰定寺への参詣者が往来した山里。

山間に眠るように1000年の歴史を刻む。

庵主も初めて、この地を踏む。この里唯一の観光地「白龍園」は1日100名に限って公開。

無人駅の一隅に樹齢100年を優に超すカエデの大木があり、紅葉のシーズンになるとライトアップされる。

今回は、この老樹と紅葉トンネル(叡電市原ー二ノ瀬間)がターゲット。


日が暮れ、空が群青色に変わるのを待っている間、Nikon D3s を首にかけたフル装備の青年カメラマンが現われ話しかけてきた。

古都の紅葉を撮影するため、福岡からやって来たという。いいショットが撮れただろうか…。



▼紅葉トンネル(叡電市原ー二ノ瀬間)。電車は徐行しながらゆるゆると樹間を進む。

DSC_6731濶イ陬懈ュ」_convert_20131118193537 (画像をクリックすっと拡大)




▼同上。車内の蛍光灯がフロントガラスに(涙)。線路の両側に照明用のライト設置。

DSC_6736_convert_20131119081432.jpg



▼二ノ瀬駅。待合室はシックなログハウス。この里は林業をウリに。

DSC_6740_convert_20131118193711.jpg



▼鞍馬川に張り付く二ノ瀬のたたずまい。黄葉したイチョウの大木。

DSC_6745_convert_20131119070239.jpg



▼茅葺の面影を残す民家。

DSC_6810_convert_20131119070121.jpg




▼里山の広葉樹も色づき始めた。

DSC_6805_convert_20131118194059.jpg



▼駅舎横の深紅と緑の葉が同居。

DSC_6772_convert_20131118193958.jpg



▼陽があたったところと日蔭の山をバックに深紅のモミジ。

DSC_6799_convert_20131119003759.jpg



▼きらら号と紅葉。

DSC_6826_convert_20131118195411.jpg



▼上下線の交換。単線のため、ここですれちがう。

DSC_6847_convert_20131118195540.jpg



▼日没を待たずライトアップされた巨大なカエデの老木。

DSC_6880_convert_20131118204654.jpg



▼紅葉のライトアップ。幻想的な風景だ。

DSC_6895_convert_20131118195913.jpg



▼日没後の群青の空をバックに。

DSC_6894_convert_20131118200043.jpg



▼漆黒の闇にライトアップ。

DSC_6891_convert_20131118202252.jpg



▼きらら号の到着。気温がだいぶ下がってきた。これに乗って帰ろう。

DSC_6868_convert_20131118200222.jpg



▼元田中駅に帰着すると、東山に月が頭を出した。左は叡電電車の光芒。

DSC_6936陬懈ュ」_convert_20131119001746



紅葉を撮りに来たのが、今日は「ゆる鉄カメラマン」に!(汗)。

あと1週間~10日もすれば、この山里も紅葉のピークを迎えることだろう。

紅葉前線、南下中。風流をこじらせてしまいそう。

貴船紅葉狩りの際、途中下車も一興。


撮影機材;Nikon D800E、AF-S NIKKOR 70-200mm F/2.8G ED VR(6枚目以下)
     TAMRON SP 24ー70mm F/2.8 Di VC USDⅡ(最初の5枚)



テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

貴船口の紅葉(古都紅葉第1弾)

11月16日(土)。風もなく穏やかな行楽日和に。

京都の紅葉前線は北山から南下。京都洛北の紅葉もそろそろ見頃だ。午後3時過ぎから、紅葉狩りに貴船へ。

ここは、市の中心部から叡電で30分もあれば到達。手っ取り早く紅葉を楽しむにはここが一番。


洛北の山間部とあって、市内より1週間ほど紅葉が早い。

叡電は週末ともあって、貴船・鞍馬方面行きの電車は始発(出町柳駅)から満席。「貴船もみじ灯篭祭」開催のせいか。

市原駅を過ぎると、モミジのトンネルを通過。ここだけは紅葉シーズンだけ徐行し乗客にサービス。

貴船口駅に着いた頃には日没まで1時間ほどしかない。

去年並みの紅葉を期待して訪れると、今夏の猛暑と10月の高温のせいか、発色はいまいち。頂部の葉が枯れた枝が目立つ。

それでも、絵になりそうな紅葉を物色しながらショット。

日が沈むと気温が急速に下がり、堪らず撤収。あとは熱燗の店へに直行あるのみ(笑)。



▼貴船口駅。鞍馬行きの電車が発車。

DSC_6705_convert_20131117093311.jpg (画像をクリックすっと拡大)



▼貴船口駅前。貴船行きのバス停に列が。

DSC_6699_convert_20131117084220.jpg



▼貴船川峡谷。手前の紅葉はこれから。

DSC_6647_convert_20131117083930.jpg



▼鉄橋下の紅葉。

DSC_6635_convert_20131117084054.jpg



▼賑々しいペイントの電車が頭上を通過。

DSC_6607kirinuki2_convert_20131117142025.jpg



▼深紅とオレンジ色のモミジ紅葉。バスプール手前。

DSC_6651_convert_20131117084347.jpg



▼同上部分拡大。ちとピントが甘かったか(汗)。

DSC_6652蛻・栢縺搾シ胆convert_20131117132634



▼貴船口バスターミナル。左手の朱欄干は電車ショットスポット。

DSC_6682_convert_20131117225528.jpg



▼鞍馬川に架かる朱橋とモミジ。

DSC_6653_convert_20131118004442.jpg




▼叡電電車と紅葉。

DSC_6673蛻・栢縺浩convert_20131117130052



▼深紅のモミジ。頂部の葉は枯れている。

DSC_6656_convert_20131117084511.jpg



▼鞍馬川と叡電展望車「きらら」。

DSC_6680_convert_20131117085439.jpg


駅周辺での紅葉観賞とあって、ゆる鉄写真になってもた(アハ)。

次は「紅葉トンネル」のライトアップにでもトライするかな…。

撮影機材;Nikon D800E, TAMRON SP 24ー70mm F/2.8 Di VC USD

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

西陣の御会式桜

11月14日(木)。 久しぶりの青空がひろがり、風もなく温かい陽光が街中を包む。

こんな抜けるような秋晴れの日に教室で燻ぶるのはもったいない。

院生を供に、京都西陣を散策しながら風流を満喫すっことに。


堀川通りの名物イチョウの大木も黄色く色づき始めた。ここのイチョウ黄葉は京都でも屈指のスケール。

目指すは、西陣妙蓮寺(日蓮宗)の「御会式桜」。

この寺では10月から4月上旬まで半年間、桜の開花を観賞できる、隠れた桜の名所だ。

さすが花の都、風流を解する坊さんがいたもんだ。

春のソメイヨシノほどの華麗さはないが、梢にまばらに咲く淡いピンク色をした御会式桜はまた格別。

境内を一巡すると、ケヤキの幹にセミの抜け殻が!!。紅葉と抜け殻の組み合わせが季節の移ろいを。



▼堀川通りのイチョウ並木。数日もすれば、真黄色に。

DSC_6603_convert_20131115064424.jpg (画像をクリックすっと拡大)



▼西陣の町並み。ネコの子、一匹も見当たらん。ゴーストタウン!?

DSC_6601_convert_20131115065213.jpg



▼閑散とした妙蓮寺境内。中央に御会式桜の木が。

DSC_6571_convert_20131115064542.jpg



▼淡いピンクと純白の御会式桜。堪らず、ハチも飛来。

DSC_6572_convert_20131115064702.jpg



▼抜けるような青空をバックにした御会式桜。

DSC_6579蛻・栢縺浩convert_20131115064723



▼季節外れの芙蓉の花。

DSC_6581_convert_20131115064848.jpg



▼逆光に映える桜紅葉。

DSC_6584_convert_20131115064949.jpg



▼紅葉とセミの抜け殻。季節感がチグハグ。

DSC_6589_convert_20131115065049.jpg



テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

木枯らし第2弾

11月11日(月)。 雨が上がるや木枯らし第2弾が吹き、気温が一気に下がる。

通りに出ると、オーバー姿もチラホラ。

京都の桜紅葉も、今日の木枯らしでお終いか(シュン)。あとはモミジ紅葉に期待。

昨日、烏丸上立売りを通りすがら、レストラン、ショットバーの看板をショット。

学生は看板を気にもとめず、素通り。

眺めていると、店主の創意工夫が伝わってくる。芸大生がバイトで作ったものか、街角のちょっとした芸術作品だ。

昨今、店舗変えが激しい中、折にふれて記録写真に収めておくことに。


▼寒梅館前の紅葉グラーデーション。この手前2階にショットバーが!。

DSC_6558_convert_20131111161209.jpg (画像をクリックすっと、拡大)



▼軽食レストラン「ラビット・ロボット」の看板。ウサギの眼が面白い。

DSC_6555_convert_20131111160954.jpg



▼ショット・バーの軒下に古式めかしい拳銃。看板代わりか?。そういえば「Bar探偵」にも。

DSC_6557_convert_20131111161105.jpg

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

ホームカミング・デー2013

11月10日(日)。午後から来客があって登室。

今日は、同志社大学の「ホームカミング・デー」。

横文字を使っているが、平たく言えば「(母校への)里帰り日」。

卒業生のために催し物も用意。

朝からあいにくの小雨にもかかわらず、多くの卒業生たちが懐かしいキャンパスを訪れ、追憶に浸る。

大学生活の思い出は、ひとしおらしい。雨もまた、それに情緒を添える。


桜の紅葉が雨に濡れてひときわ光彩を放つ。サクラ紅葉に合わせて設定したもんだ。

今春から、京田辺校地から1・2回生の文系学生7000人を今出川キャンパスに移動。

新たに良心館が建てられ、中庭の整備とともに昔のキャンパスとは趣を変える。それに戸惑う古い卒業生も。


NHKの大河ドラマ「八重の桜」の放映もあって、カミングホーム・デーに彩りを添える。

訪れた卒業生は視聴率アップに貢献。


カミングホーム・デーに足を運べなかった卒業生のためにキャンパス風景を紹介。



▼今出川通りに面した大学正門。ここを入ったところに「良心の碑」が。

DSC_6515_convert_20131111032942.jpg (画像をクリックすっと拡大)



▼神学館前の野点。茶道部の女子部員が着物姿でおもてなし。

DSC_6520_convert_20131111033055.jpg



▼クラーク館前で記念撮影する卒業生。ボードも用意。

DSC_6522_convert_20131111033206.jpg



▼明徳館前で大学グッズの販売。親子連れの姿も。

DSC_6527_convert_20131111033318.jpg



▼ハリス理化学館前。駐輪場を撤去し、真新しいベンチが。

DSC_6536_convert_20131111090312.jpg



▼「八重の桜」コーナー。八重のキャラも。会津から出店??

DSC_6531_convert_20131111033442.jpg



▼重文のチャペルも開放。この日ばかりはミニスカで学生気分?。雨に濡れた煉瓦も鮮やか。

DSC_6533_convert_20131111033604.jpg



▼チャペル前の桜紅葉。雨に濡れて発色が一段と美しい。

DSC_6539_convert_20131111033711.jpg



▼良心館前の芝生の中庭。ここだけは空が広い。

DSC_6542_convert_20131111035208.jpg



▼烏丸通りと良心館正面。観光客が振り仰ぐ。

DSC_6563_convert_20131111035324.jpg



▼烏丸通りと寒梅館。煉瓦造りの建物、紅葉にカラフルな雨傘がアクセント。

DSC_6554_convert_20131111034454.jpg



▼寒梅館前の賑々しい紅葉。赤、黄、緑のアンサンブル。これはモミジに非ず。

DSC_6562_convert_20131111034607.jpg


雨の中での母校帰り、おつかれさん。

これからも卒業生をたんと輩出しますぞ。

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

賀茂川の桜紅葉

11月6日。運動不足解消のため、賀茂川縁の桜紅葉狩りを兼ね、散策。

午前中青空が見えていたのが、午後には曇天に変わる。風もなく温かい絶好の撮影日和だ。


愛用のカメラを引っ提げ、目指すは出雲路橋。ここはネコのたまり場だ。必ず3匹はいる。

出雲路橋に到着すると、すでにアマカメラマンがネコを激写中。

同業者の400mm超望遠レンズを装着したカメラを褒めると、顔をほころばせる。

アマカメラマン氏がのたまうには、橋の下に棲みついた野良猫に餌付けして飼い猫同然になったものらしい。

あまつさえ、首輪まで付けてもらっとる。食餌にこと欠かず、体型はメタボ気味(笑)。

ひとに慣れ、いまや散策者や観光客の人気者だ。これまた、賀茂川の風物詩。


賀茂川右岸土堤の見頃の桜紅葉を愛でながら、出町橋までブラブラ。

珍しく葵橋の下で釣りを愉しんでいる太公望も。先般の台風の増水で濁った水も清流に戻った。


出町橋上流のヌートリア・ポイントまで来ると、棲み家だった中洲が消滅。台風による増水のせいか?

あれっ、ヌートリアの姿が見えん。さては、大阪湾まで流されて行ったかな??。

日が暮れ、急に時雨れて近くの喫茶店に駆けこみ雨宿り。



▼賀茂川右岸(上賀茂街道)土堤の桜紅葉。手前にカモとシラサギが。

DSC_6417_convert_20131107060028.jpg (画像をクリックすっと、拡大)



▼ベンチの上で気持ちよさそうに目を細める。

DSC_6412_convert_20131107060153.jpg



▼大きなアクビの瞬間。

DSC_6375_convert_20131107060308.jpg



▼すねた茶トラ。声をかけても振り向いてくれん。

DSC_6381_convert_20131107062453.jpg



▼前脚を揃え正座したもう一匹の茶トラ。オオッ、レンズに向かってポーズまで(笑)。

DSC_6391_convert_20131107060412.jpg



▼賀茂川左岸土堤の紅葉しかかった桜並木。霞む遠山は大文字山(出雲路橋から)。

DSC_6419_convert_20131107073615.jpg



▼土堤の桜紅葉。緑の芝生とのコントラストが美しい。

DSC_6436_convert_20131107060725.jpg



▼土堤の桜紅葉。芝に落葉が。

DSC_6421_convert_20131107060559.jpg



▼柿色の桜紅葉ドアップ。

DSC_6441_convert_20131107060939.jpg



▼こっちは真赤に紅葉。

DSC_6425_convert_20131107071737.jpg



▼ケヤキの黄葉。

DSC_6468_convert_20131107061722.jpg



▼ホルン練習中。管楽器の練習場には最高。

DSC_6433_convert_20131107060830.jpg



▼落葉。黄と赤のグラデーションが素晴らしい。

DSC_6471_convert_20131107061901.jpg



▼珍しい太公望(葵橋下)。

DSC_6464_convert_20131107062723.jpg



▼ヌートリア棲みかの中洲消失!!。カモとサギは安泰。

DSC_6477_convert_20131107062608.jpg



京都の秋も日に日に深まる。2週間もすれば、待望のモミジ紅葉が始まるかも…。

日を追って色づいていく街路樹が秋を盛り上げる。この季節感が堪らんわい。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

百万辺古本市

11月4日。文化の日の振り替え休日だ。

今日は、百万辺知恩寺境内で開催の恒例の青空古本市の最終日。

京都古書研究会が主催する秋の京都の風物詩だ。

昨日はあいにくの雨で、開店休業状態。今日もときおり陽が射すも曇天続き。


ここ20年間の客足を見ていると、年々減る一方だ。出店数も減ってきている。

訪れる客の平均年齢が高くなっている。若者が本離れしているのが原因か。店を閉じる業者も増えた。

昔は「本の虫」が社会的スティタスをもっていたが…。

それが漫画に代わり、いまやアニメ動画が全盛に。さらに電子書籍が追い打ちを…。

これじゃ、世界に冠たる(?)日本の「本文化」の行く末が、ひたすら案じられてならん。


最近目覚めたように、やたら「文化」という言葉に凝っとる弟子がひとりいっけど、ここに足を運んだかいな…。

「有言不実行」が一番アカン(アハ)。



▼客もまばらな境内。手作り市(毎月15日)の賑わいとは雲泥の差だ。

DSC_6364_convert_20131105103659.jpg (画像をクリックすっと拡大)



▼本堂前の出店。ここは洋書コーナー。

DSC_6362_convert_20131105104309.jpg



▼鐘楼前の気勢の上がらないオークション。客の年齢層が分かる。

DSC_6360_convert_20131105103242.jpg



▼石に腰掛けていたら、ギンナンの実が目の前にポトン。直撃は免れたが、あぶねー。

DSC_6355_convert_20131105103858.jpg



▼本堂の大数珠。この大数珠繰りがこの寺を有名に。

DSC_6366_convert_20131105103450.jpg



日がとっぷり暮れて一本ぶら下げて「円亭」に寄り道すっと、近頃見なかった常連の客とバッタリ。某K瀬氏だ。

最近起きた話題で盛り上がり、ついつい閉店間際まで…。秋の夜長には退屈させない話題だ。



テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

プロフィール

洛倭亭庵主

Author:洛倭亭庵主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード