FC2ブログ

やっと梅雨明け

7月21日、やっと京都も梅雨明けに。

23日、早朝から、裏庭の木に羽を休めクマゼミのかしましい鳴き声に目覚める。 夏の到来を聴覚で実感。

ひと月ほどは、目覚まし時計は不要だ。

図体が大きいクマゼミというのは、幼少のころ蝉取りのターゲットだった。

メダケの先端を二股に裂き、つっかえ棒で三角形の隙間をつくり、そこにクモの糸をびっしり張りつけ、捕虫網としたものだ。

クモの糸は粘性があって、蝉の羽がくっつくと飛び去るのは至難。

自然の材料だけで拵えたこの道具は、昔から子供の間で直伝された知恵だ。

いまどきの都会の子供たちには想像もつかないような蝉取り具。


クマゼミというのは、捕獲にドジ踏むと、あざけるかのように体液を漏らし飛び去る習性が。運悪く真上の枝にとまっていたら、顔にシャワー(ウウッ)。



▼裏庭の天然目覚ましクマゼミ。

DSC_0005Up_convert_20100723092158.jpg (画像をクリックすっと拡大)


それにしても、京都の酷暑をいかがして乗り切るか…。それが問題だわい。

スポンサーサイト



梅雨明けはお預け

7月21日。四国・中国地方では梅雨明けしたようだが、京都はお預け。

クマゼミの鳴き声が聞こえないんで、梅雨明けはまだか??

今日も朝から、猛暑の一日に。

路地に黒いものがヒラヒラ。 珍しいトンボだ。

カメラを持ち出し、マイクロレンズで近接撮影しようとすると、あっちの葉、こっちの葉へ飛びまわって、最後には隣家の塀の向こう側へ。

シャッターチャンスを逃して被写体を物色してたら、路地に張ったクモの糸を発見!!。

こっちは静止しているんで難なくショット。 

ふと半ズボンの素脚に目をやると、藪蚊が数匹止まって吸血中。 スキもヘチマも…。


▼陽光に輝くクモの糸。なかなか芸術的なネットだわい。

繧ッ繝「縺ョ蟾」_convert_20140721141446



▼クモのクローズアップ。

繧ッ繝「縺ョup_convert_20140721141509

宵山2014

7月16日。今夜は祇園祭の前夜祭の「宵山」。

ここ数日、34~35℃に達する真夏日が続く(ハアッ、ハアッ)。

九州は梅雨が明けたようであるが、京都はまだお預け。 例年、宵山の晩に雷雨とともに梅雨明けとなる。

ここ数年、宵山の駒形提灯をショットに出かけていたが、ここんとこの猛暑で脚が…。


祇園祭のハイライト「山鉾巡行」は今年から、旧例に戻り、「前祭」(17日)と「後祭」(24日)の2回に分けて催されることに。

前祭(さきまつり)では、四条通り以南の鉾町の山鉾23基が四条通りから河原町通りを経て御池通りまで巡行し、後祭(あとまつり)では四条通り以北の山鉾10基が御池通りから河原町通りを経て八坂神社へ巡行。

興行的には、2回に分けて催されるほうが観光業界には歓迎されるのであろうが、祭を実質的に支える裏方は大変だ。

また交通規制など企業活動・市民生活にも少なからず影響が出てくることだろう。


▼菊水鉾の駒形提灯。

DSC_6215_convert_20140716202415.jpg (画像をクリックすっと拡大)



▼北観音山。

DSC_0020_convert_20140716202307.jpg



▼鶏鉾の上に満月が。

DSC_6233_convert_20140716202522.jpg


画像は2011年宵山撮影
プロフィール

洛倭亭庵主

Author:洛倭亭庵主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード