FC2ブログ

北野天満宮の紅葉

今年の京都の紅葉はどこもいただけない。11月に入ってから気温が上がり、雨が多かったせいだ。

地球規模の異常気象の背景には記録的なエル・ニーニョ現象がささやかれる。


にもかかわらず、風流をこよなく愛する庵主にとっては、居ても立ってもおれず…。

11月28日(土)の夕刻。 卒業した教え子を供に、JR東海の「京都に行こう」に指定された北野天満宮へ紅葉狩りと洒落込む。

JR東海のコマーシャルの効果は抜群。 境内は参拝客と紅葉狩りの人出であふれとる。

御土居脇の入り口で、菓子とお茶付きの入場券(700円)を購入。


ここの紅葉は、境内の西側を流れる紙屋川の両岸に沿って植えられた数百本の楓。

渓谷沿いとあって紅葉の発色には抜群の環境だ(本来ならば…)。

拝殿の西側にある「御土居」の上の散策路から、紙屋川の深い谷が見下ろせる。

まだ緑の葉が残る広葉樹林の合間に色づいた楓の木がチラホラ。

日が沈むとライトアップされ、闇の中に紅葉がいっそう鮮やかさを増す。 昼間の紅葉はたいしたことないが、人工照明の効果は抜群。

今年の京都の紅葉は、夜のライトアップがお薦めだす。 気落ちしないためにも…。



▼拝殿前は修学旅行生を交えて人の大縦列。

DSC_4223拝殿前_01 (画像をクリックすっと拡大)




▼紙屋川の深い渓谷。

DSC_4226紙屋川渓谷_01




▼左下からライトアップされた紅葉。神社側も苦心しとるわい。

DSC_4234ライトアップ紅葉_01




▼同上アップ。赤色光で自然にはない色合いが…(トホホ)。

DSC_4236ライトアップ紅葉up_01




▼紙屋川に架かる朱塗り橋。ここは紅葉撮影のスポット。

DSC_4243紙屋川朱塗り橋_01




▼紙屋川を覆う紅葉のトンネル。

DSC_4241紙屋川と紅葉_01




▼ライトアップされた楓紅葉。

DSC_4249楓枝の紅葉_01




▼幻想的な拝殿のライトアップ。

DSC_4253拝殿up_01




▼暗闇に浮かぶ舞殿。篝火が2つ灯る。

DSC_4256篝火に浮かぶ舞殿_01




▼境内の随所に篝火が。気温が下がってくると、手をかざしたくなるわい。

DSC_4261篝火_01





▼絵馬殿前で入場を待つ着物姿の女性。ちと寒いんでは。

DSC_4260絵馬殿前_01




▼紅葉狩りで冷え切った身体を温めるにはこれが一番。

DSC_4265獺祭酒と真鯛_01


日が沈んでくると気温が次第に低下。

1時間ほどで紅葉狩りを切り上げ、円亭に場所を移し、伊勢で獲れた魚を肴に特注の「獺祭」酒をチビチビ。


スポンサーサイト



最新韓国事情

今回の訪韓は紅葉シーズンに重なり、各地で目を愉しませてもらった。

紅葉する樹種は、大陸性落葉広葉樹林帯に属するせいか貧弱である。日本でなじみの楓(カエデ)の木は意外と少ない。また真っ赤に紅葉するウルシも見ない。

常緑樹の杉は降雨量とも関係して皆無である。スギ花粉症に悩まされているひとにとっては天国かも…。

韓国の貧相ともいえる植生は、常緑樹と落葉広葉樹の紅葉が織り成す景観に自然美(ときに人工の手がくわわった)の極致を求める日本人の美的感覚にはどうもそぐわない。

数年前になるが、韓国人留学生が大原宝泉院のオレンジ色から朱色に発色した楓紅葉に感動し、母親を急遽ソウルから呼び寄せたことが思い起こされる。



韓国の観光地は、日本と同様、どこも中国人観光客のラッシュ。

ソウルの繁華街明洞を埋め尽くす群集の9割は中国人らしい。買い物後、もっと安い店を見つけると購入した品をもってきて返金を要求することも。これには、韓国人の商店も辟易。

中国人というのは、歴史的な背景からか朝鮮・韓国を属国視し、韓国人を見下している風情がある。

韓国人にしてみれば、中国は韓国製品を大量に買ってくれる最大の貿易国。少々のことには目をつぶらんと。



中国文化からの脱却は、15世紀に李朝の世宗が制定した朝鮮固有の文字とされるハングル(韓語)への傾倒をもたらした。そのハングルでさえ、満州の少数民族であった契丹文字の影響を考える研究者もいる。

韓国のどの町を歩いていても、ハングルで書かれた看板が氾濫している。いまの京都市長が見たら卒倒するかも。

かつて中国人留学生を韓国に同道したとき、ハングルの看板を見て「ここは正真正銘の外国だ」という言葉を口にした。

漢字で東アジアを席巻した中華文明を離脱しようとする韓国のナショナリズムに違和感を感じたようだ。これも属国意識の反映かも…。



しかし、中華料理店だけは漢字を使う慣わしらしい。かつての宗主国としての中華料理に敬意を表してのことかも。

中華料理の対極にある韓国の宮廷料理というのは、食卓をにぎわす皿数こそ豊富ながらも、実態は野菜や魚貝類の漬物を主体としたつつましい貧しい料理だ。

韓国人は毎日のように焼肉を食べているように錯覚している日本人がいる。

焼肉なんぞ、経済成長にともないアメリカ産の牛肉が輸入されるようになってから韓国人の胃袋に入るようになった代物だ。

それにしても、丹陽で口にした骨付きカルビ湯は掛け値なしにうまかった。うまいものを食わされると、相好を崩さずにおれないのは国籍にかかわらず人間の性(さが)というもの(笑)。




▼落葉寸前の桜紅葉。

DSC_0781清州博の桜紅葉_38 (画像をクリックすっと拡大)




▼国立清州博物館で見た楓紅葉。雨が少ないせいか、葉がくすみ一部枯れかけている。

DSC_0784清州博の楓紅葉_39




▼景福宮の外周道路に駐車する観光バスの車列。中国人観光客を乗せてきたもの。

DSC_0886景福宮脇の観光バス_41




▼景福宮内の広場に特設されたコンサート舞台。巨大な液晶画面に「韓国訪問年」の文字が。

DSC_0888景福宮の特設スタンド_43




▼勤政殿(景福宮)前に群がる観光客。

DSC_0889景福宮の観光客_44




▼珍しい漢字使用の中華料理店(丹陽)。

DSC_0820丹陽の中華料理店_40




▼丹陽の町で口にした骨付きカルビ湯。写真を見ただけでも生唾が…(アハハ)。

DSC_0816カルビ湯_45



ここんとこの円安が追い討ちになって、韓国を代表する輸出産業の牽引車サムスン、現代とも元気がない。 内需拡大に努めてきた現代自動車もいまや限界。退社時刻になると、どこの道路も渋滞してなかなか進まない。

どうやってこの難局を乗り越えるか。青瓦台(大統領府)の舵取りが問われている。





公州石壮里遺跡博物館

学会のエクスカーションで数年ぶりに公州市(忠清南道)にある石壮里遺跡博物館を訪ねた。

錦江河畔にある石壮里遺跡の保存と活用のためにつくられた施設だ。

公州はかつて百済の都が置かれた土地で、ソウルにあった都を高句麗に攻略され、残存勢力が南下して都を築いたものだ。

『日本書紀』には熊津と記され、「くまなり」と読ませている。すこぶる難解な地名だ。

1970年代に発見された武寧(斯麻)王とその王妃の陵はこの町の郊外にあり、未盗掘の墓室と副葬品は世紀の発見とされる。


石壮里旧石器遺跡は、公州の町から錦江を車で10分ほど遡ったところにある。

1970年代に延世大学校の孫宝基教授によって発掘された旧石器時代の遺跡で、文化層が何枚も重なって発見された。

この遺跡は、韓国で最初に発掘された旧石器遺跡として有名だ。国指定の史跡。


数年ぶりに訪れると、遺跡公園としての整備が進み、随所にモニュメントが配され景観が一新していた。

発掘された事実と異なるものもあり、公州市が力を入れる観光名所としての遺跡活用だ。




▼朝霧にかすむ博物館敷地。

DSC_0683石壮里博物館1_26 (画像をクリックすっと拡大)




▼ゲートをくぐると、ハンドアックスを手にした巨大なモニュメントが。

DSC_0733石壮里博物館10_35




▼マンモスの狩猟風景ジオラマ。ただし、この遺跡ではマンモス骨は出土していない。

DSC_0732石壮里博物館9_34




▼ハンドアックスを配した街灯。

DSC_0690石壮里博物館2_27




▼博物館施設の外観。

DSC_0693石壮里博物館_28




▼ベンチに旧石器人のジオラマが。記念撮影用のアソビ?

DSC_0695石壮里博物館4_29




▼屋根の上で牙をむく剣歯虎。迫力満点。

DSC_0697石壮里博物館5_30




▼展示室。

DSC_0709石壮里博物館7_32




▼展示室のジオラマ。形相に子供が怯えそうだ。

DSC_0707石壮里博の猪狩り_36




▼錦江の河岸に復元住居が並ぶ。レレッ、住居跡って出ていたっけ!?

DSC_0728石壮里博物館8_33



史実とは異なるジオラマは教育効果としていかがなものか。

遺跡博物館というより、ジオラマ施設としたほうがふさわしい。客集めと博物館の役割としての機能がごちゃ混ぜになった印象を避けられない。

コンセプトが中途半端のよくないい見本だ。



北漢山中の山寺「興国寺」

11月7日、紅葉が雨でひときわ鮮やかさを増す中、ソウル北方(高陽市の東郊)北漢山中にある興国寺を訪れる。

大型バスが通れる道がないため、国道からマイクロバスに乗り換えて5分ほど登った山門へピストン輸送。

雑木林の斜面中腹に建てられた山寺で境内はさほど広くない。


高麗時代(918~1392年)の創建と伝えられるこの寺は、元(モンゴル)の侵攻や壬申倭乱などの戦火を免れて奇跡的に遺存した。

韓国を数十回訪れた庵主も、この寺の所在は不覚にも知らなんだ(汗)。

高麗の国王もたびたび訪れたとされる由緒ある寺らしい。

戦乱はもとより、朝鮮(李朝)時代の仏教弾圧をよくも免れたもんだ。これも歴史の奇跡。人里離れた山中に所在したのが功を奏したのかも。

鐘楼で鐘に両手を当て、鐘を撞くと功徳が得られるらしい。住職が思い切り撞くと、余韻が掌から体に伝わってくる。

大雄殿で国宝に指定されている板に描かれた仏画(国宝)をガラス越しに拝見し、思わず「南無阿弥陀仏」。




▼木立の中の山道を上り詰めたところに山門がポツン。

DSC_0959興国寺山門_018 (画像をクリックすっと拡大)




▼紅葉に包まれた興国寺の庫裏(?)。カエデの紅葉が彩りを添える。

DSC_0960樹間の興国寺_022





▼寺額。緑色を貴重とした精細な装飾が韓国の宮殿・寺院の特色。

DSC_0963興国寺山門額_017




▼山門天井の装飾。ウウッ、ピントが甘い。

DSC_0964山門天井_023




▼境内。全山燃えるような紅葉と雨煙に霞む北漢山。

DSC_0967_convert_20151116062014.jpg 





▼鐘楼。鐘の図体の割りに鐘楼が小さい。手を当て鐘の振動を受けると功徳が…。

DSC_0966_convert_20151116062158.jpg




▼梵鐘上部の装飾。新羅様式を保っている。

DSC_0972_convert_20151116062613.jpg




▼鋳造年代を陽鋳。仏紀2530年って西暦に直すと…??

DSC_0970鋳造銘_020




▼梵鐘に鋳出された飛天像。新羅様式の名残りを残す。

DSC_0969飛天像_019




▼入母屋造りの薬師殿。二間×三間と小ぶりだ。

DSC_0976薬師殿全景_021




▼薬師殿庇の見事な装飾。

DSC_0981_convert_20151116063611.jpg




▼釈迦の絵が。

DSC_0982仏画_25


丹陽スヤンゲ遺跡第6地点の調査

丹陽に所在するスヤンゲ遺跡は韓国でもっとも有名な後期旧石器遺跡。

1980年代の初めに発掘調査され、九州から出土する剥片尖頭器と同じ形の石器がまとまって見つかったので有名だ。

その後、いくつかの地点が調査され、近年には第6地点が発掘され、4つの文化層が層位的に検出され、重要な成果が得られた。

その成果が今回の国際シンポジウムで発表され、関係者に公開された。

第3文化層からは川原礫の側面に21箇所の溝が等間隔に刻まれた線刻礫、両目と口を刻んだ人面石が出土し、大々的にマスメディアで取り上げられた。

これらのシンボル的な表現はホモ・サピエンスに特有なものとされる。いずれも3~3.5万年前の地層から出土。

文化層が4枚見つかったことで、剥片尖頭器と細石刃との共伴論争に38年ぶりに決着がついたのも大きな成果だ。




▼展示風景(韓国先史文化研究所)。

DSC_0754_convert_20151115161949.jpg (画像をクリックすっと拡大)




▼第2文化層の石器(搔器)。

DSC_0739_convert_20151115163812.jpg




▼第2文化層の黒曜石製石器。

DSC_0740_convert_20151115163938.jpg




▼第3文化層の石器(剥片尖頭器)。

DSC_0749_convert_20151115163416.jpg




▼第4文化層の石器(剥片尖頭器)。

DSC_0752_convert_20151115163607.jpg




▼スヤンゲ第6地点遠景。

DSC_0857_convert_20151115161706.jpg




▼スヤンゲ第6地点のトレンチ。

DSC_0861_convert_20151115161804.jpg




▼スヤンゲ第6地点のトレンチ。

DSC_0867_convert_20151115161857.jpg

国立忠北大キャンパス

11月1日から4日朝まで国立忠北(忠清北道)大学校のゲストハウスに滞在。

忠清北道清州市にに所在し、日本の植民地から独立後新設された国立大学で、医学部も抱え、学生数20,000人を誇る総合大学だ。

キャンパスは日本とは桁違いに広い。15階建てのゲストハウスは新しく建てられ、学生寮を兼ねる。

到着した日の夜、床下暖房のスイッチを入れると、だんだん室温が30℃にも上がり、スイッチを切っても効果なし。

結局、部屋の小さな窓を開けてパンツ1枚で寝る事態に。

 万一火事でも起きたら、寝ぼけてパンツ1枚で避難することにもなりかねない(トホホ)。 中庸という言葉はないんかいな。


それにしてもキャンパスは広大だ。端から端まで歩くと30分は掛かりそうだ。 ゲストハウスから国際シンポジウムの会場まで歩いて10分というアナウンスにもかかわらず、15分以上を要する羽目に(汗また汗)。

昼食の道すがら目にしたキャンパス光景を折々にショット。




▼巨大なゲストハウス。朝の8時ころから学生たちが授業に出かけていく。

忠北大ゲストハウス (画像をクリックすっと拡大)




▼キャンパスの銀杏並木。いまが最高。

蠢蛹怜、ァ驫€譚丈クヲ譛ィ_convert_20151115144402




▼自然を残した森。

忠北大森




▼芝生に舞い降りたカケガラス。黒と白のツートンカラーの体毛がトレードマーク。翼の先端が濃い藍色に輝く。

カケガラス




▼広大な苑池は学生憩いの場に。

忠北大園池2




▼昼休みに散策する学生たち。やたらジーンズ姿の女子学生が目立つ。

忠北大学生




韓国丹陽の盛秋

11月4日。 国際学会のエクスカーションでソウル東南約300キロ、太白山脈の西麓にある丹陽の先史博物館、スヤンゲ遺跡を訪ねる。

この丹陽の町は、青い空と緑豊かな山々に囲まれた風光明媚な観光の地だ。 今回で3度目の訪問となる。

1980年代に入って、南漢江に忠州ダムが建設されることになり、水没地の集落が高台に移転させられて現丹陽の町がつくられた。

ここはまた韓国でも有数の石灰岩地帯で、それらはセメントの材料に採掘され、韓国の発展に寄与した。

博物館、遺跡を訪ねる道すがら、目にした農村風景をショット。

一昔前の日本の山村にタイムスリップした思いで、懐かしみさえ感じさせる。



▼街路樹も剪定され、道路も広くこぎれいな丹陽の町。

DSC_0817_convert_20151115081022.jpg (画像をクリックすつと拡大)





▼昼食に食べたカルビ湯。スープの味は最高。

DSC_0815カルビ湯_024




▼南漢江上流の景観。遠山は太白山脈に連なる。峡谷を高速道が貫く。

DSC_0853景福宮1_010




▼紅葉した山腹に張り付くように立つ農家。一風の絵になる情景。

DSC_0874景福宮1_015




▼鈴なりの柿の実。村はずれに柿の古木が1本。

DSC_0858景福宮1_012




▼収穫された大きな柿の実。吊るし柿にでも…。

DSC_0855景福宮1_013




▼カリンの木に黄色い大きな実が。

DSC_0859景福宮1_014





▼熟しした棗(ナツメ)の実。

DSC_0872景福宮1_016




▼畑の脇に高粱が一株。中国では白酒(パイチュー)の原料になる。

DSC_0877_convert_20151115074645.jpg




▼丹陽先史博物館の鮮やかな紅葉。

DSC_0850景福宮1_011

ソウルの秋

11月初旬、1年ぶりに韓国を訪問。

紅葉シーズンのピークに訪問するのは初めてのことで、青く澄み切った空に鮮やかな紅葉・黄葉がカラフルな風景を醸し出す。

樹種は、落葉広葉樹のイチョウ、プラタナス、サクラ、ブナ、ナラがほとんど。

これにアカマツ、クロマツの緑が彩りを添える。


ソウルの街はどこも中国人観光客であふれ、一昔前と大きく様変わり。

ひところ韓流ドラマで押しかけた熟年日本人女性は、いまや老若の中国人観光客によって取って代わられた。

出国の際、早朝にもかかわらず航空会社のチェックイン・カウンターは中国人の長蛇の列。

出発2時間前に仁川国際空港に到着し、出国審査を終えたのは飛行機の出発時刻の5分前(汗、汗)。

中国との貿易で大もうけの韓国、中国人専用ターミナルをつくってもらわんと…。



▼慶福宮勤政殿。観光客の人並みが一息ついたときを狙ってショット。

DSC_0891景福宮1_005 (画像をクリックすっと拡大)




▼チマチョゴリの女性が足早に目の前を通り過ぎていった。

DSC_0890景福宮1_004




▼景福宮の奥まったところにある苑池。

DSC_0906景福宮1_001




▼苑池の中島に立つ楼閣。遠山は北漢山の霊峰。

DSC_0909景福宮1_002




▼池畔の松と楓紅葉。

DSC_0905景福宮1_007




▼築地塀とイチョウの大木。

DSC_0901景福宮1_006




▼黄葉真っ盛りのイチョウの巨木。

DSC_0918景福宮1_008



▼イチョウの葉の絨毯。

DSC_0922景福宮1_009
プロフィール

洛倭亭庵主

Author:洛倭亭庵主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード