FC2ブログ

平野神社の桜

4月6日、明日は降雨予報が。 その前に桜の名所として有名な「平野神社」へ。 平安京遷都のころに建てられた古い歴史をもつ。

平野神社の桜を訪れるのは初めて。 花曇りのもと、太陽が中天に昇りつめたころを見計らって歩を運ぶ。

京都に長年住むが、桜の季節にここを訪れるのは初めて。


この神社は朝鮮系の神さま四柱、今木(いまき)神、久度(くど)神、古開(ふるあき)神、比咩(ひめ)神を祭神とする。 

平安京に都を遷した桓武天皇の母で渡来系の高野新笠(たかののにいがさ)にかかわる神とみなされている。

そのためか、花見の頃には韓国・朝鮮の人たちが押し寄せる。 それが、いまや中国人観光客に取って代わった感がある。


この神社は社殿が東向きに建てられ、一風変わっている。 

境内に足を踏み入れると参拝客であふれ、祭神を祀る社殿の前には長蛇の列が。

社殿の南側に桜が植えられた緑の苑があり、そこから西門に連なる一角に出店が立ち並ぶ。

ごった返す出店の前をよそに、床机に腰を下ろし、暫し満開のソメイヨシノをめでることに。

今年の桜も今日が見納めか…。



▼東門の朱鳥居。 額に「平野皇大神」。

平野神社_01 (画像クリックすっと拡大)




▼舞殿脇の紅枝垂れ桜。

平野神社_01_01





▼苑内のソメイヨシノ林。

平野神社_01_02





▼着物姿の花見客もチラホラ。

平野神社_01_03




▼中国人(?)のカップルが着物姿で結構記念撮影。

平野神社_01_10





▼出店の前は人また人。 中国人観光客が目立つ。

平野神社_01_06




▼「白妙」桜。

平野神社_01_09





▼淡いピンク色の花弁をつけた「御所還(みくるまかえし)」。

平野神社_01_08





▼大島桜。

平野神社_01_07





▼南門とソメイヨシノ。

平野神社_01_04





▼南門。 この門だけ瓦葺き。

平野神社_01_05




▼西大路通に面した西門。

平野神社_01_11
スポンサーサイト



高野川・賀茂川の桜満開

4月5日(火)。 昨日あたりから京都市内のソメイヨシノが満開に。 気分はもうウキウキ、ワクワク。

朝から薄曇りで、絶好の撮影日和に。

昨日は終日あいにくの雨だったため、満を持して花見に繰り出す。 

草庵から徒歩10分ほどテクテク歩いて高野川にかかる御蔭橋へ。 大口径レンズとカメラの重みが肩にのしかかる。

建物の合間から満開の桜が目に入ると、もう走り出したい衝動に。

高野川左岸の土堤は、桜並木が出町から修学院まで延々と2kmほど続く桜の隠れた名所。

御蔭橋上は、桜並木の格好の撮影ポイント。 到着すると、同好の士が数名、カメラを上流に向けている。

下鴨神社前の御蔭通りを西へたどると糺の森へ。 瀬見の小川の梢はもう新緑。


葵橋の上は、広い空と北山の重畳とした山並みとともに賀茂川上流の桜並木を撮影する定番のポイント。 

昨日の雨で黄砂が洗い落とされ、スカイラインがくっきり。 この時期、珍しい。

葵橋~出町橋界隈で満開のソメイヨシノを愛でながら、ささやかな至福のひとときを過ごす。  




▼高野川上流の桜並木(御蔭橋から)。 菜の花と桜のコラボ。

高野川_01_03 (画像をクリックすっと拡大)





▼ピンクがかったソメイヨシノを接写(御蔭橋東詰)。 F3.2まで開放し、思い切り背景をぼかす。

高野川_01_01





▼高野川下流の桜並木。 ピンク色を強調するため、標準露光に。

高野川_01_02





▼桜と女の子とシラサギ。

高野川_01_04





▼糺の森の瀬見の小川。 若葉が目に優しい。

高野川_01_05





▼賀茂川上流の桜。 雲までピンクに染まる。

高野川_01_06





▼薄日が差したころを待ってショット。 空を広く取り込んだ。

高野川_01_07





▼葵橋東詰の紅枝垂れ桜も満開。

高野川_01_08





▼賀茂川土堤の見事なソメイヨシノ。

高野川_01_09





▼花をぼかして大文字山にピント。

高野川_01_10





▼賀茂川右岸の花見客(出町橋ー葵橋付近)。 川面に桜が映る。

高野川_01_11


市内のソメイヨシノの開花期は短い。 ここ2~3日が見納めどきだ。 

撮影機材; Nikon D800E、TAMRON SP 24-70mm F2.8 DI VC USD

草庵にも春の訪れ

4月3日(日)。 朝から低い雲がどんより垂れ込め、いまにも雨が落ちてきそうな天気に。

昨日今日と、京都の花見名所は行楽客でどこもあふれとる。

五条坂、嵐山一帯はもとより、幹線の大路、高速道インターチェンジに続く道路は車が渋滞し大混雑。 市内には大きな駐車場が少なく、このシーズンには他府県の自家用車が押し寄せてくるのが原因だ。 市側も有効な対策が打てない。


最寄の桜の名所高野川べりの桜並木は、まだ五分咲きだ。 シャッターチャンスはもう2~3日後。 ここは満を持すことに。

裏庭では、ナツグミの花が満開。 昨年より花のつき方が違う。

5月末ともなれば、赤く大きな実が。 不作だった昨年とは違い、方々にお裾分けできそうだ。

路地ではユキヤナギが満開。 足元に目を凝らすと、薄紫のスミレの花が可憐な花を。

わが草庵にも春が確実に忍び寄る。




▼裏庭のナツグミの花。

出町の野良_01 (画像をクリックすっと拡大)





▼同上。

出町の野良_01_01




▼路地のユキヤナギ

出町の野良_01_02





▼同上アップ

出町の野良_01_03




▼スミレの花

出町の野良_01_04
プロフィール

洛倭亭庵主

Author:洛倭亭庵主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード