FC2ブログ

梅雨の花

6月14日、梅雨の合間に青空がひろがる。

強い日差しが照りつける中、一眼レフカメラ片手にアジサイの花を求めて近隣をブ~ラ、ブラ。

梅雨時の花といえば、アジサイが一番。

ピンク、白、紫の花が路地や庭先に咲き乱れ、道行くひとを華やかな気分にさせる。

雨露に濡れたアジサイもまた一興。


御蔭通りに面する田中神社の境内は、いまどき青々とした鎮守の森に包まれ、静寂で訪れるひとに安らぎをあたえる。

ここはわが守護神の大国主命を祀る。 京都市内でも出雲の神さまを祀るのは珍しい。

上御霊神社付近にあった「出雲郷」(『正倉院文書』)と何か関係があった土地柄なのかもしれない。

鎮守の森には樹齢数百年を経たクスノキ、ケヤキ、シイ、カシの大木が生い茂り、摂社の稲荷神社付近は昼なお薄暗い。




▼草庵の路地に咲く可憐なスミレ。

スミレ_01 (画像をクリックすっと拡大)




▼大文字山のズーム。

大文字山_01




▼生垣の紫ガクアジサイ。

ガクアジサイ_01




▼みごとな白アジサイ。

シロアジサイ_01





▼青葉に埋もれた田中神社。

鎮守の森_01





▼田中神社拝殿。

田中社拝殿_01





▼路地の紫アジサイ。

路地のアジサイ_01





▼紫アジサイの大輪。

紫アジサイ_01





▼境内の片隅に置かれた二宮金次郎像。 昔は小学校校庭の定番で理想の人物だった。

金次郎像_01


歳月が流れても、花だけは咲く季節を忘れない。 それもまたいい。

疎水辺では、もうホタルが飛び交うころだ。 教え子を誘って初夏の風物詩を愉しむことにすっか。



スポンサーサイト



プロフィール

洛倭亭庵主

Author:洛倭亭庵主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード