FC2ブログ

八坂神社初詣

正月3日、卒業した教え子と八坂神社へ初詣。

青空がひろがったと思いきや、時雨が降る冬の天気に。

八坂神社の石段下は、初詣客であふれとる。 朱塗りの西門をくぐると、なかなkか前に進めそうもなく、絵馬殿前を通って脇道から本殿横へ。 こっちは人も少なくスイスイ、

人波であふれる本殿前で賽銭を投げ、今年一年の無病息災を祈願。


人波を縫って、裏手の美御前社へ。 ここは美人の誉れ高い市来島姫(宗像三女神のひとり)を祭神とする摂社。

ここにお参りする女性は美人になれるとか…。 長蛇の列ができ、社殿前の神水はことのほか人気だ。


舞殿脇に設けられた臨時のおみくじ引きで今年の運試しに籤を引くと、な、なんと「凶」。 ううっ、こんなの初めてだわい。

「凶」籤は数も少なさそうだし、それを引き当てたのもまたラッキーと自分を慰めることしきり(汗、涙)。

連れは、なんと「大吉」を引き当て!!!。 今年に入って引いた籤が2度とも「大吉」だそうな。

さぞかし、いい縁に恵まれることだろうて。


修復中の南楼門を潜って、老舗「二軒茶屋」の出店でおぜんざいを食べて冷えた身体を温める。

石段下の四条通に新しくできた「漢字ミュージアム」に立ち寄り、時間をつぶしたあと、「鴨鍋」の店へ。

ネギをはじめ、野菜たっぷりの熱々の鴨肉に舌鼓。 鴨とネギは、また絶妙の取り合わせだわい。

食うのに夢中で写真撮るの忘れとった(アハ)。



▼八坂神社石段の人波。

八坂神社石段_01 (画像をクリックすっと拡大)




▼舞殿前の参詣者。


舞殿周辺_01





▼舞殿前に飾られた今年の絵馬。 鶏の表情がユーモラス。

大絵馬_01





▼連れは「大吉」を引き当て、思わず笑みがこぼれる。

大吉引き当て_01




▼艶やかな振袖で初詣の舞妓はん。 これって本物かいな??

舞妓_01





▼花見小路で記念スナップ中の着物姿の外国人。 なかなか決まっとる。

着物姿_01


スポンサーサイト



平成29年元旦

皆々様、新年おめでとうございます。

京都は、大晦日から一夜明け、雪もなく穏やかな元旦を迎えました。

大晦日は、毎年聞こえてきた知恩寺の鐘の音も聞こえず、拍子抜けの気分に。

さては、近隣から苦情でも出て取りやめになったか…。 日本の伝統がまた一つ消え去ろうとしとる(涙)。

心情的に日本の伝統文化の保存に与する庵主としては、なんとも物悲しい限り。



夜更かしが祟って、目が覚めたのはお昼前(トホホ)。

年賀状の配達も済み、200枚ほどの賀状を一枚一枚目を通しながら息災を確かめる。

それにしても、年末には服喪の挨拶が例年にも増して多かったことか。 

賀状に一通り目を配り終わった頃、お節料理が卓上に。

今年は出来合いのお節のネット注文に遅れをとり、近くの「下鴨茶寮」から取り寄せに。

なにせ老舗とあって値は張るが、味付けは上品かつ絶妙だわい。

白味噌のお雑煮もできあがり、先ずはお屠蘇で乾杯。 昼間からお酒を飲むのは正月だけ。 まさに至福の時だわい。



昨年は思いもかけず神助に預かったが、今年は果たして…。 

まあ、霊験新たかな出雲の神さまのご加護を信じ、人事を尽くし天命を待つことに(笑)。

「天は自ら助くるものを助く」という俚諺もあることだし。 


▼一の重

お節料理_01




▼二の重

お節料理1_01
プロフィール

洛倭亭庵主

Author:洛倭亭庵主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード