FC2ブログ

2万8000年前の埋没林

9月8日、青森県金木の調査の折、日本海岸に面した出来島海岸(つがる市)の埋没林を見学。

埋没林といえば、富山県魚津市の海底埋没林が有名だが、出来島海岸の埋没林はそれより優に2万年は古い。

2万8000年前に約1000キロメートル離れた鹿児島県姶良火山の噴火によって飛んできた火山灰が見つかり、その直下にトウヒ属やカラマツ属などの亜寒帯針葉樹の埋没林がある。

ここは姶良火山灰が単層で見つかった最北の事例だ。

魚津の埋没林は完新世のスギが主体であるが、スギが日本海側にはびこる前の更新世には亜寒帯針葉樹が主体の植生が拡がっていたことを物語る。

浸食によって後退する海岸線にテトラポットが設置され、歯止めが掛けられているのは嬉しい。



▼出来島海岸埋没林の案内板。

DSC_0863(濶イ陬懈ュ」)_convert_20140916071524 (画像をクリックすっと拡大)




▼出来島海岸の砂丘の下に露出する泥炭層。

DSC_0865(濶イ陬懈ュ」)_convert_20140916071607



▼地層が水平に折り重なりバウムクーヘン状を見せる。茶褐色に見えるのは鉄分を含んだ水の浸出による。

DSC_0878_convert_20140916071747.jpg



▼埋没した樹木が浸食によって顔を出す。

DSC_0875(蝨ァ)_convert_20140916072726



▼レンズキャップの上に厚さ5mmほどの黄褐色の姶良火山灰が見える。

DSC_0876(蝨ァ)_convert_20140916072811


出来島埋没林は、この地域の最終氷期の植生、その後の環境変動を知るうえで貴重な情報を提供する。

図書館では得られない生の教材がここにある。つがる市の保護措置に敬意を表したい。


スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/17 09:22)

魚津市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

洛倭亭庵主

Author:洛倭亭庵主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード