FC2ブログ

嵩山東麓の織機洞見学

3月15日、鄭州市内から西へ50km、嵩山の麓にある織機洞を訪ねる。

鄭州市街地から高速道で郊外に出ると、灰色のスモッグで3km先は見えない。 

織機洞は、秦嶺山脈の東端、嵩山山地に広がる石灰岩地帯にある石灰岩溶洞だ。

周囲を見渡すと、セメントの原料となる石灰岩の採掘地が随所に見られる。

織機洞は古くから知られ、鄭州市と北京大によって調査された中期~後期旧石器時代(上層には新石器時代、商代)の包含層が20mほど堆積した著名な洞穴遺跡で、2006年5月、国家文物保護単位(国指定史跡)に指定された。

鄭州市街地から車で約1時間ほどの距離にある。 北京大の王幼平教授の案内で初めて訪れる。

車を降り、20mほど急斜な階段を息を切らせながら上がると、目の前にポッカリと口を開けた洞穴が現れた。

洞穴の前庭部には調査トレンチが開けられ、断面に堆積物が露出する。

赤くなった地層は、更新世の温暖期に堆積した古土壌層だ。その上部4mには2万年前の最終氷期最寒冷期の厚い角礫混じりの堆積物が載る。

石器や獣骨の化石が何層にもわたって出土し、約6~1万年前の文化の変遷を詳しく知る上で貴重な遺跡である。



▼織機洞入口。 右手の急な石段を昇ると洞窟に達する。

織機洞入口_01 (画像をクリックすっと拡大)




▼国家文物保護単位を示す織機洞碑。

織機洞碑_01




▼石碑脇の石灰岩の壁に穿たれた小石窟。

石窟_01




▼石窟内の仏像群(6世紀後半築造)。

石窟内仏像_01




▼白い可憐な花を付けた杏の樹。

杏の群生_01




▼織機洞外観。 歩道の下に堆積物が延々と連なる。

洞穴外観_01




▼厚い洞内堆積物。 最終氷期に天井から崩落した角礫が層となっている。

洞穴内堆積物_01




▼探訪記念のスナップ。

スナップ_01




▼洞穴内からの眺望。

洞穴内からの眺望_01




▼馬蘭レスと古土壌。

レスの土柱_01




▼大規模な石灰岩採掘場。

石灰岩採掘場_01




スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

洛倭亭庵主

Author:洛倭亭庵主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード